2011年12月アーカイブ

無酸素運動

無酸素運動とはどのような運動なのでしょうか?有酸素運動はダイエットや健康維持に効果的な運動として、雑誌などに紹介されていますが、無酸素運動という言葉はあまり聞きなれない言葉と思います。有酸素運動とは、逆のスタイルの運動のように感じられますが、無酸素運動とは、どのようなものなのでしょうか?

運動には大きく有酸素運動と無酸素運動に分けることが出来るのですが、無酸素運動には100メートルダッシュなどの短距走などが上げられ、瞬発力を使う運動ということになります。ダイエットには、無酸素運動より有酸素運動が効果的とされるのですが、無酸素運動を有酸素運動と併用しておこなうことにより、これまた効果を得ることができるのです。

無酸素運動を行うと筋肉の量を増やすことができます。それほどきついものでもなく、筋肉の量を比較的簡単に増やすことができるトレーニングもあります。負荷が軽くして継続することを主流とする有酸素運動では、瞬発力は必要としない運動なでの、筋力も筋肉の量も増えません。そこで、有酸素運動に適度に無酸素運動を加えて筋力を付けてゆけば、よりダイエット効果も高まるということなのです。ジムなのでの器具を使用しての軽い筋トレを有酸素運動と共に試してみるとよいでしょう。

有酸素運動

有酸素運動という言葉は、ダイエットをひようとする人はよく耳にすることばです。ダイエットを目的とした運動をするにも有酸素運動がよいということです。この有酸素運動というものは、運動を大きく2つの種類に分かけると有酸素運動と無酸素運動の2つに大きく分けることが出来ます。例えば、走るという運動を例にとってみ、有酸素運動が持久走、無酸素運動が100メートルダッシュなどとなります。ダイエットをするために効果的な運動は、このうちの有酸素運動、即ち100メートルダッシュより持久走の方が効果があるということになります。

有酸素運動は、運動の強度は低いですがその運動を持続させることがポイントとなります。息切れするほどのきつい運動をしても脂肪は燃えません。脂肪を燃やすことが出来なければ、ダイエットをするための運動にはなっていません。話をしながら、音楽を聞きながら走れる程度の強度での運動が有酸素運動になります。きつすぎない運動が脂肪を燃やすためのポイントとになります。

有酸素運動は減量するための脂肪燃焼に効果的です。運動強度は強くしすぎないように、運動時間は20分以上続けることが大切です。20分以上つづけると脂肪が燃えはじまるからです。また、有酸素運動は心肺機能を向上させることにも効果があります。持久力が高まります。有酸素運動を続けてゆくと、酸素を体内に取り込む能力が上がり、疲れにくい身体を作ります。生活習慣病の予防や改善にも効果があります。有酸素運動を続けることのより、毛細血管が発達し血行がよくなります。HDLコレステロールが増え、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が取り除かれることになります。このように、有酸素運動は、軽い運動でそれを持続するとダイエットにも健康にも効果がある運動です。

 

食事量の回数を減らすダイエットは、よくありません。ダイエットしていない時は、13食、食べますが、ダイエットをしていると12食に量を減らす人が多くなります。この無理なダイエットの仕方では、維持的には痩せるかもしれませんが、必ずリバウンドしてしまします。リバウンドだけでは無く、疲労、栄養素が不足して髪の毛が抜けたりというような健康面にも障害が出てきます。健康的に無理なく、美しく痩せるのはバランスよく、沢山食べることが大切です。一気に大量に食べるのではなく、食事の回数を増やすことで。痩せやすくなるのです。例えば、11800キロカロリーを摂取するにしても、3階の食事で取るよう理も5回に食事回数を増やして摂る方がダイエットには効果があります。食事をすると代謝が高まり脂肪を燃やしやすくなります。食事の回数を多くすることにより、体脂肪が燃焼されやすい状態を維持することが出来るわけです。

脂肪が蓄積されてしまう原因は、食べたものが消化されずにそのまま蓄積されてしまうことが原因です。また、身体が飢餓状態になると食べものを吸収して脂肪にして蓄積しようとします。食事回数を増やすと身体は、いつもお腹がすいていない状態なので食べたとしても吸収率は高くはならないです。

イギリスのロバート・アトキンス博士によって考案されたダイエット方法で、炭水化物の摂取量を異常に少なくして、糖分の代わりに脂肪がエネルギーと

して使われるようにもっていくものです。

 

食事などで炭水化物を摂取すると血糖値があがり、すい臓からインスリンが分泌され血糖をグリコーゲンに変換し筋肉に蓄えます。その後、運動エネ

ルギーとしてグリコーゲンは使われます。筋肉に蓄えられたグリコーゲンの分量が一杯になルと、中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられて血糖値は下がり

ます。しかしながら、このシステムは、肥満のためにインスリン抵抗性が高くなっているとインスリンが多く作られ、高インスリン血症となるため脂肪として蓄

えられやすく悪循環となります。また血糖値が下がると体のエネルギーが足りないと感じ、食欲が出てインスリンのメカニズムがアンバランスになり、

いものが異常に欲しくなります。インスリンを作りすぎると、すい臓が次第にインスリンを作れなくなり糖尿病となります。そうなるとインスリン注射をうたな

ければならなくなります。炭水化物を摂らないようにするとインスリンが作られず、血糖がなくなる代わりに体内の脂肪が分解されたケトン体をエネルギ

ーとして使うようになります。血液中にケトン体が増えた状態をケトーシスと言います。それらの結果として身体内の脂肪を燃やしやすくなり、脂肪だけを

減らすことが出来るという内容のダイエット法です。

 

この考え方(ダイエット)では普通の食事バランスが取れないので、健康上の障害が現われるなどとされ、実際にも頭痛や、めまい、下痢などの副作

用も見られ長期間続けるとなると、身体の安全性の保証ができないと発表されました。一時期、アメリカでブームになりつつあったダイエット法の一つでも有りまし

たが、次第にその実施者は減少してゆきました。

 

脂肪の吸引

身体についた脂肪を取るために、その脂肪を取りたい身体の部分に脂肪吸引管を挿入して、吸引して除去していく方法、即ち脂肪吸引法が一般的に行われていますが、以前までは脂肪の切除手術が主流でした。これだと傷が大きく残ったり、身体への負担も大きいので、現在では脂肪を減らす外科的方法としては脂肪の吸引が行なわれています。吸引する前に鎮痛、止血効果のあるチュメセント麻酔液を吸引部に注入してから、脂肪を吸引管で吸引します。しかし、この方法だと、硬い脂肪を直接吸引するために身体への負担が大きく、術後皮膚におうとつができたりしていました。最近では随分その仕上がりが改良され、術後の皮膚も以前よりも美しく仕上げることが出来るようになりました。しかし、実際に手術を行なう医師の技術によりその仕上がりも違ってくるのも事実です。

 

体内式超音波脂肪吸引

超音波を出す管を使い、脂肪に直接超音波を照射して脂肪細胞を壊して吸引する方法で、70パーセントくらいの皮下脂肪が除去できます。

体外式超音波脂肪吸引

皮膚表面から超音波を当てて脂肪を柔らかくして吸引してゆきます。超音波を当てると皮膚が火傷になることがありますが、皮下脂肪の70パーセントを除去できます。

エルコーニアレーザー脂肪吸引

レーザー光線を皮膚の表面から照射して脂肪細胞を柔らかくして吸引します。身体への負担も少なく、皮下脂肪の70パーセントを除去できます。

ポディジェット脂肪吸引

吸入官の先から出るジェット水流で脂肪を分解してゆきます。水の力で脂肪を分解するため、身体組織への負担が少ないです。皮下脂肪の70パーセントは除去が可能です。

ベイザー脂肪吸引

吸入官の先から出る振動エネルギー(ベイザー)波で脂肪を乳化し、硬い脂肪の結合組織も軟化して吸引します。ベイザー波は、止血効果があり身体への負担が少なく、皮膚の引き締め効果もあります。皮下脂肪の90パーセントが除去できます。

ステッパーでダイエット 

ステッパーは、その名前の通りステップ(踏み)をしながらダイエットをするというダイエット器具です。テレビやビデオを見ながらでも簡単に誰でもできます。見ている番組が楽しいと、30分でも1時間でも踏み続けることも可能で、あっという間に時間が過ぎてしまうということもあります。それほど苦しい思いをすることも無く、適度な足踏み運動でダイエットが出来ます。普段から運動をしない人や、運動が苦手な人にもお勧めです。また、その器具自体も、場所をとる大きさでもなく手頃なサイズです。ステップにのせる足の位置を少しずらしてやると、足に負荷を加えることも出来ます。自分の状態に合わせてステップを踏みましょう。効果的なステップで脂肪を燃やしましょう。

 

大よそ1回のステップ時間は、20分から30分です。あまりやり過ぎるのもよくはありませんし、器具の故障の原因にもなります。使用した後の器具のお手入れは、きちんとしておきましょう。お手入れすればステッパーも長持ちします。最近はその器具の種類も増えて、サイドで踏むものなどもあります。自宅の自室で気軽にステップを踏むステッパーでのダイエットを試してみませんか。

コーヒーエマネ 

腸内洗浄は健康にも、ダイエット効果を高めるにもよいです。その腸内洗浄を自分で、自宅で施すため

キットがコーエネマです。これが果たして、効果的なものなのか、あるいは自分に適しているのかどうかは

自己確認、判断によるところとなるので、ここでは紹介のみに留めておきます。内容、やり方をよく確認し

て充分注意をしながら施しましょう。そのやり方によっては効果が出たり、或いはリスクを負うことにもなりか

ねません。

 

腸内洗浄専用のコーヒーをぬるま湯で薄め、器具を使って肛門から腸内に流し込みます。薄めたコーヒーを肛門から注入し、お腹を自分で暫くの間マッサージをすると便意を催し、便と一緒に注入したコーヒー液を排出することで、便の溜まりやすい大腸の左側部分を洗浄することが出来ます。腸内洗浄は、病院で行う場合は、機械で圧力をかけて行いますが、コーヒーエネマは薬を使わず圧力もかけず、自然な流れで腸内洗浄をするため、身体に負担がかからずクセになるとも少ないと言います。この腸内洗浄

は、便秘を解消するための方法としてだけではなく、何度も繰り返して行うことにより、腸内の宿便や毒素が、溜められることなく排出されて、腸を綺麗にするという方法です。自分に敵しており、正しい用い方で行なえば、健康やデイエットに効果的と思いますが、一方ではリスクについても考えておくことが必要です。

腸内洗浄

腸内洗浄は、腸内に溜まっている宿便を排出すことで、肛門から直接器具をつかって薬品などを注入して腸内の掃除をして綺麗にします。腸内洗浄は、溜まった便により発生する毒素を取りのぞくことです。便が腸の中で5時間以上経過すると毒素を発生し、その毒素を腸から体内に再吸収してしまうことがあります。食生活習慣が不規則であったり、ストレス、加齢などにより腸内バランスが崩れ便秘になることがあります。そうすると腸内に便と毒素がたまり、腸内の細菌や不要物が、体内吸収され、肌荒れ、体臭、ぽっこりお腹、代謝機能の低下、それによる体重増加などになってしまします。がんなどの恐ろしい病気を引き起こしたりもします。そのため腸内を洗浄すると腸内が清潔に保たれ、肌荒れやぽっこりお腹も改善されます。代謝を高めダイエットにも結びつきます。

 

腸内洗浄は、病院などのほかにも自宅で出来るサプリメントや専用のキットなどもあります。腸内が清潔に綺麗になれば身体にはよいのですが、病院ではなく無免許のエステサロンなどで行なうと、操作のミスなどにより腸壁を傷つけられるなどの事故が発生する場合もあります。また、自宅で行なうにしても、専用キットの注意をよく確認して慎重に行なわなければ思わぬ事故を引き起こすこともあります。腸内洗浄は、健康にもダイエット効果を高めるにもよいのですが、充分に注意をしながら行なうことが大切です。もちろん、専門医に施してもらうことが一番ベストです。

 

ダイエットをしている時には、重要な栄養素までが不足してしまうことがあります。すべての栄養素を食べ物から摂ろうとするとカロリーのコントロールが大変難しくなることがあります。ダイエットに効果的な栄養素もあるのでその栄養素が不足すると、太りやすく、痩せにくくなってしまいます。そういう場合はサプリメントを服用して不足要素を補うとよいです。サプリメントは、もともとはアメリカで健康補助食品として多く摂取されていましたが、日本でも最近は色々な種類、効果のあるサプリメントが発表され、ダイエットのために役立つサプリメントや、色々な栄養素が一粒(一包み)に含まれるサプリメントなどがあります。サプリメントを使い痩せる効果を高めたり、不足しがちな栄養素を補うことも可能です。しかし、サプリメントは間違った用い方をすると体に悪影響を及ぼすこともあるので、使用する時にはそのサプリメントについての記載注意事項などを充分読んでからにしましょう。

多様化したサプリメントを使用するときには、それはダイエットサプリメントでも同様です。表示の内容をしっかりと確認してから自分に適したものを服用しましょう。場合によっては、医者に相談するなどの注意を払いながらダイエット効果の上がるサプリメントを選びましょう。

 

顔のダイエット(小顔作り)

顔にも筋肉があり、顔の筋肉を鍛えることによりたるみや二重アゴなどを改善することが出来ます。

小顔を作るエクササイズです。まずは、目、口などの顔の各パーツを顔の中央に寄せ集めた状態を作り10秒ほどキープします。続いて、その逆で全てのパーツを今度は外側へ向かって広げてゆき、広げた状態でまた10秒ほどキープします。それらを10回くらい繰り返し、次に口を右へ寄せて10秒くらいキープします。次に左へ寄せてまた、10秒くらいキープします。この口の左右の動きも10回くらい繰り返します。目を上へ、口を下へゆっくり動かしてそのまま10秒間キープ。この動きも10回くらい繰り返します。次に顔を上げて、舌を出して鼻をなめるような感じで上方へ伸ばします。その状態で10秒キープです。そして、目を閉じるように、口は口角を上げるようにして笑顔を作ります。笑顔の状態で10秒。最後は顔を手でマッサージしておきましょう。顔は、豊かな表情を作ることが出来れば自然と筋肉が使われ引き締まる、絵がをと豊かな表情の人は自然と引き締まった小顔になれるというわけです。

過食症

異常に食べてしまうような過食症は、心理的なストレスが原因であることが多いので、ストレスや悩みごとは出来るだけひとりで考え込むのではなく、人に話を聞いてもうなどしてストレスの解消を図ることが大切です。人に気軽に話が出来るタイプの人であれば、過食症にはならないかもしれません。周りの人に話し辛い内容であれば、専門機関や専門医に相談をしてみるとよいでしょう。どうしても過食が止まらなければ、過食をして太った自分お姿を想像してみたり、食べたい時には食べたいものをこの際思い切り食べましょう。ダイエットをして痩せればいいと考えれば気持も楽になります。食べたいものを我慢するのも精神的には辛いものです。

食べた後、どうしようもない後悔を感じてしまったら吐くのではなく、運動をして脂肪を燃やすようにしましょう。適度な運動は気分転換にもなります。ウォーキングなど軽い運動でよいのです。過激な運動ではかえって逆効果です。そして、次ぎの食事をほんの少しだけ減らせばよいのです。

過食症の人は、食べ過ぎたら吐けばよいと思っている人もいます。沢山食べても吐けばよいと考えるのです。この考えは、本当は食べたくも無いものでも食べてしまい、そして吐いて、また食べてを繰り返します。この繰り返しが過食症を悪化させてゆきます。これを止めるたには、専門家に相談をして精神にゆとりを持ち、自分を責めることなく食べても運動をする習慣をつけます。太ることを恐れず、気持ちを楽にして食べた後には運動をすれば、次第に美しく痩せて過食症ともお別れできるでしょう。

 

 

 

摂食障害

摂食障害は、拒食症や過食症と言った、食べるという行為についての病的な行動をする人に対して使われる言葉ですが、食事を摂るという行為に障害のある、いわゆる食事についての病気のことをさします。

拒食症と過食症は、真逆の行動をすることになります。そのため、別の病気のように言われますが、そうではありません。拒食症から、過食症に転じたりその逆であっつたリ、それを繰り返したり摂食障害は、症状も人により違うのですが、その二つの一見、真逆と思われる症状も実はつながっているのです。摂食障害になる原因は、ストレス、過激なダイエットの結果、家庭不和など精神的面が不安定になったことから引き起こされる場合が多いです。

摂食障害のうちで、肥満の原因となる過食症という病気を見てみましょう。過食症の人は、異常な食欲、標準的な体重であるため太ることへの異常な恐怖を感じる、一度の食事で大量に食べる、嘔吐や下痢などで食べたものを体外へ出そうとする、うつ状態などの症状が出ます。過食により異常に太るなどしてしまった場合には、ダイエットをしてもとの自分のベスト体重に戻さなければなりません。しかし、精神的な障害がともなっている場合が多く、過食症は病気なので病院に行き医師の診断、指導の元に治療した方がよい場合が多いです。

 

お尻のダイエット

お尻の筋肉を鍛えて肉を鍛えて、お知りをすっきりと引き締めエクササイズを試してみましょう。                 

 

四つんばいの姿勢をとります。顔を下に向けて、肘と膝を床につきます。肘も膝も床と直角になるようにします。次にお腹に力を

入れて意識を集中させて背中が反ってしまわないように、背中が床とまっ直ぐに平行になるようにします。その姿勢から、最初は

右の足を、足首は直角ン曲げた状態でかかとから上に向けて右足を上げます。膝が伸びないように上げます。そして、元の状

態に戻します。左右の足で同様に10回くらいずつ試してみましょう。すばやく上げ下げできるようになるとよいです。

 

他には、床にうつぶせに横になり、上体を反らせる運動があります。この動きもお尻のダイエットに効果的です。下半身は床に

つけたまま固定して上体だけをゆっくりと上に起こしてゆき浮かせます。そしてまたゆっくりと下にもどします。10回くらい試してみ

ましょう。

お尻の両サイドの筋肉を鍛えダイエットします。壁に両手をついて身体を支えます。そして、右足を45度くらいの高さまで上げてそこで止めます。5秒くらい耐えます。そしてゆっくりと下に戻します。左右の足で同様の動きを10回位ずつ位行ないます。これでお尻の両側と脇腹の筋肉も同時に鍛えられます。

赤ワインでダイエット

ダイエット中の飲酒はよくありませんか?ダイエットの妨げになるのでしょうか。でも、お酒の好きな人はダイエット中でもお酒が飲みたいですね。そこでダイエッと効果のあるお酒があれば、お酒好きにはこんな嬉しいことはありません。お酒好きには嬉しいダイエット効果のあるお酒があるのです。赤ワインです。赤ワインにはポリフェノールが含まれています。これが、体内に悪玉コレステロールが溜まるのを抑えてくれます。赤ワインをグラス1杯飲みながら、油分の少ないおつまみをよく噛みながらゆっくりと食べます。ゆっくりとした飲食は、少量でも満腹感を得られて過食になりません。この時、ワインはあまりのみ過ぎないように注意しましょう。そして、おつまみはゆっくりと食べることがポイントです。ほかのお酒でも、例えばウイスキー、ブランデーなどはカロリーが低いのでお酒好きの人がダイエット中に飲むお酒としてはお勧めです。   

ダイエットを辛いものにしないためにも、継続させるためにも好きなものを完全に断ってしまうことは逆効果なので飲酒を続けてもよいと思います。ただし適量にとどめておくことと、おつまみの食べすぎには充分注意することは大切です。そして、長々との飲み続けることもよくありません。

痩せる効果のある野菜 

トマトを食べるとダイエットに効果的だとか?トマトを寝る前に食べると新陳代謝が活発になるカロリーの消費を高めてくれる役目をします。寝る前に食べるのがポイントです。また、トマトに含まれる栄養素が血液も綺麗にしてくれるそうです。トマト1個か2個を寝る前に食べます。トマトジュースならば、350ミリリッツトル位を飲むとよいようです。ただし、トマトを食べると身体を冷やしてしますので、お風呂上りやトマトジュースを温めて飲むのがよいです。身体が冷えることはよくありません。

その他に、食べると痩せる効果がある野菜は長いもです。長いもは、解毒効果、代謝機能を高め、筋肉の細胞の形成に効果があるようです。長いもは、お隣の中国では、漢方薬のように採られています。

そして、豆腐の副産物のおからもダイエットの効果があります。おからは、イソフラボンを含んでいるので美容効果、がんなどの病気の予防にも役立ちます。水分をよく吸収するので満腹感が得やすく、過食を防ぎます。1日の50グラムまでの摂取が効果的です。

空心菜は、中国料理などによく用いられる野菜です。空心菜にはビタミンEがふくまれており、過酸化脂質の発生を防いでくれます。また、むくみを解消するカリウムも含まれます。和え物などにして、毎日適量を摂取するとよいです。

こんにゃくダイエット

こんにゃくダイエットは見ての通りの『こんにゃく』を使ったダイエットです。

こんにゃくは食物繊維が豊富でローカロリーなので
ダイエットにはうってつけの食材といえるでしょう。

そのこんにゃくをよりよくダイエットに使うための方法があります。

こんにゃくを食べる30分ほど前にコップ一杯の水分を取ってください。
そうすることによってこんにゃくの主成分である『グルコマンナン』が胃の中で膨張してより満腹感を得ることが出来ます。
満腹感を得ることによってたくさん食べることを未然に防ぎます。
そうすることによって空腹のストレスから解放されます。

あとは3食のうち1食をこんにゃくメインの食事にするといいです。
炭水化物の代わりに食物繊維を取るという方法は他のダイエット方法でも用いられています。
そうすることによってカロリーを押さえて腸の作用を活性化します。
こんにゃくは板こんにゃくから糸こんにゃく、さしみこんにゃくまで種類が豊富ですので
ラーメン風やうどん風、鍋やおでんに大量に、といった感じでアレンジしやすい食材と言えます。

あとは小腹が空いたときに食べるものもこんにゃく系のものを積極的に取り入れます。
こんにゃくゼリーやこんにゃくグミを食べるのですが、その時も水分を取ることを忘れないことが大切です。
水分を一緒にとって満腹感をよりいっそう感じることによって
いらないものを食べない習慣を身につけましょう。
間食をやめてこんにゃく系のお菓子に切り替えるだけでもかなりの効果が期待できます。






もやしダイエットについて

もやしダイエットをご存知でしょうか?
もやしダイエットとはその名の通りもやしを使用したダイエットのことです。

どのダイエットにでも言えることなのですが、もやしダイエットだからといって
もやしばかりを食べていればいいということではありません。
日々の食生活の中にもやしをうまく取り入れていけばダイエットにつながりますよ。というものです。

ではなぜもやしにダイエット効果が期待できるのでしょうか?

まずもやしは食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維が豊富で、その食物繊維が腸の働きを活性化するので
便通を促し、体の中の老廃物が外に出されます。
便秘はダイエットの大敵なので、便通をよくするというのはダイエットをしていく上で
最重要ポイントとなってきます。
さらに食物繊維はお腹の中で水を含み、満腹感も期待できます。
少量で満腹感を得れるというのもダイエットの強い味方です。

さらにもやしは低カロリー食品ですので、食べ過ぎても太るという心配がありません。
100グラムだいたい20カロリー前後です。
スーパーに売ってるもやしがだいたい1袋200グラムなのですが、あの量で40カロリーというのは非常に魅力的です。

さらにビタミンB2も豊富に含まれていますので、
脂質や糖質の代謝も促進してくれます。

夜トマトダイエットの方法について

トマトというのは、美容効果が高いと言われている野菜ですが、そんなトマトを利用したダイエット方法があるのをご存知でしょうか。夜トマトダイエット方法というものであり、美肌を保ちつつ、ダイエットを成功させることが出来ると言われています。

夜トマトダイエットの方法ですが、1日に大きいトマトの場合は2個分摂取するようにするというものになります。また、トマトは夕食と一緒に摂取するのが良いと言われていますので、トマト缶を利用して、摂取しても良いと思います。トマト缶の場合には、1缶ほどは摂取した方が良いですから、料理として使うだけでなく、トマトジュースにしても良いでしょう。

夜トマトダイエットは、短期間で行うというよりも、長期間かけて行うダイエット方法になります。出来れば半年ほど続けた方が良いと言われていますので、根気よく続けることが大切です。夜トマトを摂取すれば良いというだけでなく、出来れば規則正しい生活をするように心がけましょう。ダイエットにとっても、健康にとっても、不規則な生活を送ることは悪影響となってしまいます。生活習慣も見直すことが、ダイエットに成功するコツだと言えるでしょう。

トマトは、様々なアレンジ方法がありますし、そのまま食べても美味しいものですから、長続きするダイエット方法なのではないでしょうか。美容面も気になる方は、夜トマトダイエットを実践してみてください。

何故お腹に脂肪は付くの? 

お腹には、骨はありません。それでも人間の身体の中での大切な臓器をその内側に備えています。胃、腸、生命を宿す子宮などもあります。これらの臓器を守るために必要なのが脂肪です。お腹は大切な内臓器官を守るために、自然と厚くなります。そのため脂肪がお腹に付きやすくなります。

お腹は、手足と比べて、普段動かすことはありません。お腹、ウエスト周り、背中は、動きの少ない部分です。そのため、筋肉の発達もあまりありません。筋肉があっても普段使わないと衰えてしまい、その結果として脂肪が付きやすくなります。

また、女性の場合は、女性ホルモンの影響でお腹に脂肪がつきやすくなっています。女性ホルモンはもともと脂肪をため込む性質をもっています。女性は男性にはできない様々な活動をします。例えば出産、子育てなどがそれです。それらに必要なエネルギーを蓄えるのにお腹が利用されるのです。そして、女性の中年太りの原因のひとつにはホルモンバランスの低下もあげられます。そのことにより中性脂肪がより多く作られるようになり、それを蓄える場所が、お腹ということになります。これらのお腹に脂肪が付く理由を意識しながら正しいダイエットを心がけましょう。


 

加齢による体重増   

年齢が上がると太りやすい身体になるといわれています。なぜ年をとると太りやすくなるのでしょうか。年齢と、体重の増加の関係はどのようになっているのでしょうか。20代の終わりくらいまでは、普通の体型であったのに、30代に入り徐々に肥満型の体型に変化してゆく女性は多いようです。年齢とともに肥満型女性の数は増加して、40代になると肥満型の体型の女性はさらに増えていきます。それでは、年齢とともに体重が増えてしまう原因は一体何なのでしょうか。

女性の中年太りの原因は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの働きの低下のはじまりにより、特に40代の終わりにはエストロゲンの分泌が無くなってしまいます。それにより、女性の身体に大きな変化がおこります。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、その代わりに脂肪細胞がエストロゲンの働きを補おうとして、中性脂肪を増やします。特にお腹の周りに脂肪がつき、ポッコリお腹のになってしまうのです。

寝ている時にでもエネルギーを使う「基礎代謝」機能も年齢とともに低下します。寝ている時でも、呼吸をし、心臓を動かし、体温を調節しています。この生きていための最低限の運動機能を維持するエネルギーが基礎代謝です。基礎代謝は、実は10代をピークに年齢とともに少しずつ減少してゆき、40代を過ぎると急激に低下してしまいます。基礎代謝機能が低下するとそれだけ運動によるカロリー消費も少なくなり、脂肪も蓄積してしまうというわけです。

年齢とともに太りやすくなり、若い頃よりダイエットをするには、努力と時間が必要です。しかし、年齢を重ねても理想的な体重や体型を維持することもできるので、年齢と体調にあった正しいダイエットの知識をもって努力することが大切です。

高タンパク質の食事は、特にダイエット中には必要です。その理由は、筋肉を作りそれを維持するためにはタンパク質が必要となるからです。タンパク質が不足すると、筋肉が痩せて、筋肉の量が減ってしまいます。そして代謝機能が低下してしまいます。代謝機能を高め、痩せやすい状態にいつも身体を保つことは、ダイエットにはとても大切なポイントです。そのためには筋肉の量を保つことが必要ということになります。

ダイエット中には食事制限をするので、栄養素が不足しがちになります。タンパク質も不足してしまうことも考えられるので、それを防ぐ為に高いタンパク質を含む食事を摂らなければなりません。運動を行った後には、特にタンパク質の摂取には気をつけたましょう。運動で疲労し、ダーメージを受けた筋肉を元の状態に修復するのも、タンパク質です。タンパク質が不足すると、筋肉は修復されずに痩せて減ってしまいます。高タンパク質の食事は、ダイエットを筋肉の面からサポートしてくれます。大豆、豆腐類、鮭、鶏肉のささみ、ミルクなどの高タンパク質の食材を使った食事をとりましょう。

好きな物を食べてダイエット

ダイエット中、食事の制限をしていて食べたい物が食べられない。これがストレスとなり、ダイエットを途中で止めてしまう人が多いと思います。毎日続く食事制限ではストレスが溜まるのも当然のことでしょう。しかし、この食べられないことへのストレスがダイエットの失敗の最大の要因でもあります。ですから、正しく食べてダイエットしなければなりません。

そのためのポイントとして週に1度は好きなものをしっかり食べる日を作りましょう。食べるダイエットの実践です。週に1回でも好きなものが食べられれば、食べられないためのストレスが軽減し、それどころか、日々のダイエットが、週に1度のその日を待つ楽しみにもなります。週1日だけ好きなものを食べるのであれば、太ることはありません。しかし、ドカ食いはいけません。あくまでも正しく適量を食べます。

ダイエットには我慢は大切ですが、我慢が過ぎるとストレスになり挫折してしまいます。食べることもダイエットを成功させるためには必要であると言われれば、ストレスも軽減されダイエットの効果もより高くなるのではないでしょうか。

効果的有酸素運動でダイエット

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で、ダイエット効果を上げるための基本的なポイントには、運動時間、心拍数、運動頻度の3つの点に必要をしながら運動するということです。有酸素運動で体脂肪を燃やすためには、20分以上運動を続ける必要があります。人間の身体では、運動をはじめた始の20分間には、その日食べた物がエネルギーとして消費され、20分を経過した頃から脂肪がエネルギーとして消費されるようになるからです。そのため有酸素運動は、20分以上行う必要があります。しかし、1時間以上の長時間行う必要はありません。こうなると、身体に負担なだけです。30から40分位の有酸素運動時間が最適です。

心拍数が低いと運動の強度が弱いので脂肪があまり消費されません。しかし高くなりすぎると無酸素運動になってしまいます。体脂肪を効率的に消費するには、最大でも心拍数が5065%の運動強度に保つことがポイントです。

ウォーキングなどの効果的な回数は、週に34回程です。1日おきにくらいに運動するのが休養と、運動のバランスがとれていて理想的な運動回数です。

上手な脂肪の減らし方

体脂肪を1キログラム減らすためには、摂取エネルギーを7,000カロリー減らさなければなりません。計算をしてみると、一日あたり500カロリー減らすとすると、10日で5000カロリー減、20日で1000カロリー減、一ヶ月で1,500カロリーが減少するので、一ヶ月で約2キロ強は脂肪が落ちるということになります。この調子で順調に脂肪が徐々に落ちてゆけばよいのですが、なかなかそううまくは行かないと思います。

途中で思うように体重が落ちなくなると、さらに摂取するカロリー量を減らしてしまいがちですが、そうすると代謝がにぶりさらに体脂肪が落ちにくくなります。摂取するカロリーを減らしすぎると逆効果になります。ダイエットをする時には摂取するカロリー減らすことしか考えませんが、増やすことも実は大切なのです。カロリーを減らすことに身体が慣れてしまわないように、減らしたり、増やしたりと、カロリーの摂取(食事の摂り方)に変化を付けることがポイントなのです。ダイエットでは、食事の量(カロリーの量)を減らすことばかりを考えずに、減らしたあとは、必ず増やすように変化を付けながら続けることが大切です。

 

カフェインのダイエット効果

コーヒー、緑茶、その他カフェインを含んだ食品がダイエットに効果があることが最近報告されています。コーヒーダイエットなるものまで登場してカフェインがダイエットに取り入れられるようになりました。これは、あくまでもダイエット効果の有る様々な成分の中の一つとしてカフェインもその中に参入されて来たというだけです。カフェインは、体脂肪から脂肪酸の放出をうながすので、脂肪の燃焼を促進して体脂肪を減少させる効果があります。

身近でカフェインを多く含むものとして、コーヒーが注目されるようになりましたが、コーヒーをあまり飲みすぎると、精神的に不安定になり、睡眠の妨げにもなります。すると、かえってダイエットへの逆効果に働いてしまうこともありま。カフェインによるダイエット効果を発揮させるには、コーヒーカップ一杯(約300ML)づつを1日、1~2杯程度摂るのがよいのです。コーヒーの飲みすぎは、糖分の摂りすぎ、高じるとカフェイン中毒にもなりかねません。

緑茶は、コーヒーと違い1日に何杯飲んでもよしとされる場合がほとんどなのですが、やはりカフェインが含まれている以上は、飲みすぎには注意しましょう。三度の食事の時、合い間の水分補給程度にとどめておいた方がよいです。

炭水化物は正しく摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。炭水化物を摂ると太るというと認識は間違っています。炭水化物は正しく摂取することが重要なのです。朝の食事は、一日の活動に必要なのエネルギーを蓄えるための大切な食事です。炭水化物を正しく摂り、夕方以降の炭水化物の摂取を抑えるようにするとよいのです。炭水化物を摂る時間をコントロールして、一日の身体に必要なエネルギーをしっかりと摂取して、尚且つ脂肪の蓄積を防ぐとういう食生活のスタイルを保つことが大事です。

脂肪が蓄積するのは、インスリンが関係しています。インスリンは、脂肪を蓄積させる働きをするので、炭水化物や糖質を多く摂るとインスリンの分泌が増加して、脂肪の蓄積を促してしまいます。そのため、炭水化物をあまり摂らない方がよいということになるのですが、炭水化物はエネルギー源としては、大変重要な栄養素なので摂らない分けにはいきません。ポイントは、正しい時間に正しい量を摂るということです。

夜になるとインスリンの分泌が高まるので、夜摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくくなり、結果脂肪として蓄積されてしまいます。しかし、朝は脂肪として蓄積されにくいので、炭水化物の摂取は朝が最適ということになります。


 

黒豆ダイエットの効果について

黒豆ダイエット方法というものがありますが、黒豆ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか。

黒豆には、多くの成分が含まれています。豆ですから、イソフラボンも豊富に含まれていますが、イソフラボンというのは、女性ホルモンの働きと似ていて、更年期障害の対策としても役立つのです。肥満や血圧の改善にも繋がりますので、健康に悩みを抱えている方にもおすすめです。

また、食物繊維も豊富ですから、便秘の改善にも効果的ですし、自然と食欲を抑える効果もあります。アントシアニンという成分は、脂肪吸収を抑制する作用があり、活性酸素も除去してくれますから、老化予防にも繋がります。

このように、黒豆だけでも、多くの作用があることがお分かり頂けると思いますので、黒豆を利用して、健康的にダイエットしてみてはいかがでしょうか。

効果的な腹筋運動の回数 

腹筋の運動は回数が多ければ多いほど効果的ように思われがちですが、実際にはこれが逆効果になることもあるのです。運動すると筋肉はダメージを受けます。毎日、運動して筋肉にダメージを与え続けていると、ダメージを受けたまま筋肉は回復することができずに、どんどん疲労してゆきます。

疲労が蓄積してしまった筋肉は、かえって痩せてしまいます。筋肉が細くなってしまうと代謝が低下して、身体全体で痩せにくくなってしまいます。従って毎日腹筋運動を行うことが効果的とは決して言えないのです。運動のあとには休養が必ず必要です。その運動と休養のバランスを考えて腹筋運動を行ないましょう。鍛えて、休んで、また鍛えて休む。これを繰り返します。そして、1回に行なう腹筋運動の回数は、15回から20回程度で充分です。それをしっかりお腹に効くように行ないます。回数が多ければ多い程良いという事では決してありません。一週間に34回程度の腹筋運動を行い、運動を行った翌日には必ず筋肉を休めましょう。そして、筋肉痛が残っている時の運動も避けることが必要です。

体脂肪を減らすためのお勧め食材

体脂肪を減らしてダイエットするための、お勧めの食材を種類別に見てみましょう。効果的な食材を選び、効率よく体脂肪を減らしてダイエットしましょう。

肉類は、概して脂肪分が多いのでダイエットにはあまり向かない食材なのですが、鶏肉のささみは、カロリーが低く、高タンパク質なのでダイエット食材としては非常によいです。ダイエット中にはタンパク質が不足しがちなので、筋肉が落ちてしまい代謝機能が悪くなりがちです。そこで、タンパク質の多い鶏のささみはお勧めです。

魚類では、たら、鮭がお勧めです。たらは、脂質が少なく、タンパク質が多く、低カロリーでダイエットにはもってこいです。鮭は、体脂肪の減少を促進する効果のある必須脂肪酸を含んでいます。代謝の機能アップもはかれるので、ダイエットには効果的な食材です。

野菜では、ブロッコリーやカリフラワーが低カロリーで、体内のエストロゲンのレベルを下げる働きがあります。エストロゲンは女性ホルモンの一種で、脂肪を溜め込んでしまう作用があります。そのエストロゲンを低下させる働きを持つブロッコリーやカリフラワーは、脂肪の蓄積を抑制するということになります。

果物では、いちごやグレープフルーツが食物繊維豊富で、カロリーも低くビタミンも豊富なのでお勧めです。

 

ポッコリお腹解消運動3. 

腹筋の構造、その3.は、腹横筋です。腹横筋は腹筋の深い部分にある筋肉です。腹筋を覆っていて、内臓をその内側におさめている筋肉なので、ここの腹横筋が弱いと内臓がたるむので、ポッコリしたお腹になってしいます。また、身体全体的にはそれほど太ってはいないにもかかわらず、お腹だけがポッコリ出ている人は、腹横筋が弱く内臓が垂れている状態で、腹横筋を鍛えることでポッコリお腹を解消できる場合があります。また、腹横筋は呼吸にも大きくかかわる筋肉であり、お腹を引っ込める時に収縮します。

腹横筋を鍛えるには腹式呼吸がよいです。意識的に呼吸して、働いていない腹横筋を働く状態にします。動作のポイントは、力を入れて行うのではなく、力を抜いて行うことで、腹直筋の下腹部(ヘソより下の部分)を動かして行うことが大切となります。床に、両手はまっすぐ付けて仰向けに寝ます。両足は揃えて膝を少し立てておきます。その状態で腹式呼吸で下腹部に空気を溜めます。ゆっくりと息を吐いてお腹から空気を絞り出します。身体の力は抜いて、リラックスして行ないましょう。また、簡単にお腹をへこめる動きで、腹横筋を鍛えることもできます。

 

ポッコリお腹解消運動2.  

腹筋の構造、その2.は、腹斜筋です。腹斜筋は横腹の筋肉です。肋骨から骨盤にかけて斜めに通っている筋肉で、内臓を正しい位置に保ち、固定してくれている筋肉です。くびれたウエストをつくるのに、関係している大切な筋肉です。

腹直筋はその外側にある「外腹斜筋」と、内側にある「内腹斜筋」に分かれており、上半身を左右に捻る動きや、前屈、身体を左右に傾ける働きをする筋肉となります。両筋肉とも「回転」と「捻り」のあるエクササイズで鍛えることができます。どちらも同じような動きをする筋肉なので、両方をまとめて腹斜筋を鍛える方法を見てみます。

両手を頭の後ろで組み、頭を少し浮かせた状態で仰向けに床に寝ます。このとき両足は揃えて両膝を少し立てた状態にします。身体を軽く起こしながら上体を捻ります。息を吐き、片方の脇を覗き込むように横向きに捻ります。頭の後ろで組んだ手は添えているだけで使わないように注意しましょう。体を捻った状態で1秒静止します。この動きは左右交互ではなく、右15回連続して捻ったら、次に左15回連続というように行います。

 

ポッコリお腹解消運動1.  

お腹のお肉を減らすには、最初に腹筋について知っておきましょう。腹筋は複数の筋肉で構成されています。そのためポッコリお腹を解消しウエストを引き締めるにはそれぞれの筋肉の部分ごとにエクササイズを行うと効果的が上がります。大体誰もが腹筋運動を行う時には、1つの筋肉しか使っていないし、鍛えていないので、ポイントは、各部分ごとの筋肉を使い、鍛えるということとなります。

エクササイズの前に、腹筋の構造を確認して、腹筋の各部分別エクササイズを行いましょう。腹筋の筋肉がどのようになっているのか順に確認してみます。まずは、お腹の真ん中に有る腹直筋です。

腹直筋は腹筋の真ん中ある、お腹に力を入れると硬くなる筋肉です。腹直筋はおへそを中心に上部と、下部がそれぞれ別々に刺激されるエクササイズを行うのがよいです。一般的には、上体を上げたり、下げたりする腹筋運動で腹直筋を鍛える事ができるのですが、下腹にある腹直筋下部への効果はこれでは少ないのです。それでは、腹直筋の下部(下腹部)を鍛えるには、そのようなエクササイズがよいのでしょうか?

床に手足をまっすぐ(上下に)伸ばした状態で仰向けに横になります。次に両足を床から少し浮かせた状態にして保ち、さらにその位地から両足を上に上げ、その後再び下に下げます。(床に足が付かないところまで下げます。)この両足の上下運動を繰り返します。腹筋に意識を集中して、足の反動で動かすのではなく、腹筋の力で上下動かします。この運動により腹直筋の下部(下腹部)が鍛えられます。

 

 

セルロイトとダイエット

セルライトは、ほとんどの女性に多く見られる脂肪細胞の塊のことで、皮膚の表面がデコボコになっている状態でうす。皮下組織の血行不良が原因で、脂肪が浮遊しそれに老廃物などが付いてコラーゲンで固められた特異な脂肪の固まりです。

このセルライトが、ダイエットするうえでとても厄介なもので、セルライトが増えると脂肪層が厚くなり、老廃物や溜まった脂肪が代謝されず、ダイエットをしてもなかなか痩せない身体になってしまいます。セルライトが多い場合には、ダイエットとともにセルライトも取り除かなければダイエットも成功しぬくくなります。

セルライトができる主な原因は代謝機能の低下です。運動不足、睡眠不足、栄養不足、ストレスなどがその原因となります。できてしまったセルライトを取り除くには、そのセルライト部分をしっかりと温め、マッサージをしましょう。これ以上、セルライトを作らないためには、血行不良を改善し、血液循環を良くしないといけません。マッサージや半身浴が効果的です。その他には、水分の溜まっているリンパマッサージや、も代謝機能を高めるビタミンBやミネラル、カリウムを多く含んだ食事を摂るのもよいです。

サプリメント利用でダイエット   

ダイエットに必要な栄養分が不足してると、痩せにくく、逆に太ってしまうこともあります。その場合には、サプリメントで足りていない部分を補ってもよいでしょう。最近のサプリメントは様々な種類があるので、各種の栄養分を含むサプリメントを上手に活用、併用して、よりダイエット効果を高めましょう。サプリメントを上手に使えばより効率よくダイエットすることができます。

サプリメントをダイエットに利用する場合には、必ず用法、用量を守り、自分の状態に適したものを使用します。体調が悪くなったりした場合には、直ぐに服用は止め、サプリメントの効能、成分、使用頻度などについての服用説明をよく読むことなど、服用するにあたっては、充分に注意をしましょう。最近は、ダイエットサプリメントの種類もかなり多くなっているので、表示されているサプリメントの成分、効能をよく確認して自身の摂取するカロリーを補う、ダイエット効果を高める服用をしましょう。間違ったサプリメントの服用は、かえって逆効果です。上手にサプリメントを利用し、上手にダイエットしましょう。

よく眠りダイエット

睡眠とダイエットは深い関係を持っています。起きて活動をしているとカロリーを消費しますが、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」という身体の各種の成長を促進するホルモンがダイエットに関係しています。成長ホルモンは深い眠りの時に多く分泌されており、その働きは成長にかかわるものなので、骨や筋肉をつくる各種の機能の働きを促し、代謝機能や免疫力を高めたりします。

ということは、睡眠をしっかりとっていた方が、ダイエットも成功しやすいということになります。寝不足の時には集中力が低下し、あらゆる面でやる気が起こらなかったりします。寝不足の時には成長ホルモンが分泌されず、代謝機能が落ちてしまうのです、なにをやってもうまくいかない、気分も乗らないという状態になってしまいます。
心地よい眠りをさそう、自分に合った寝具で、充分な眠りをとり、ダイエット効果を高めましょう。睡眠とダイエットは一見関係の無いことのように思いますが、実はダイエットの、効果を上げるためには充分な睡眠が日々必要なのです。

メタボリック症候群

メタボリック症候群、いわゆる「メタボ」とは、内臓脂肪がたまり、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が起こりやすい体形をいい、生活習慣病が進むと動脈硬化、心筋梗塞、脳内疾患官の市に至るほどの大きな病気に可能性が非常に高い恐い状態です。メタボリック症候群の人、その予備軍の人はダイエットが必須と思います。生活習慣の乱れから太りすぎ、メタボになってしまった中高年の人達には、是非とも健康的なダイエットを実践頂きたいと思います。

メタボリック症候群の人は、はじめに専門医の元で検査を受け、現在のメタボ状態になってしまった原因をさぐります。専門医の指導を受けながら生活習慣、食事量、運動量を適切に改善し、消費カロリー、摂取カロリーを計算しながら、規則正しい生活に戻します。

間食や運動不足、飲酒、不規則な食事の時間などが中高年のメタボの主原因となっている場合が多いので、長年に渡り根付いてしまった悪い生活習慣は、コツコツ長く続けて改善していくしかありません。

メタボリック症候群は、単なる肥満というだけでは無く、死に至る恐ろしい病気の引き金にもなりかねません。生活態度をを改め、専門医のアドバイスを受けながら、今すぐダイエットをはじめることをお勧めします。

デトックスに効果のある食べ物には、食物繊維の豊富な根菜、肝臓の解毒効果がある緑黄色野菜、過剰な重金属成分を体の外に排出する働きのあるにんにく、にら、たまねぎ、リンゴなどがあります。緑黄色野菜はビタミンも豊富で、抗酸化作用もあります。これらの食品を摂取する時には、色々な種類の食材から全体的にバランスよく摂るようにします。集中的に一つの食品のみを摂ることはあまりよくありません。その他、無農薬野菜、無添加食品、食材の生産地などにも気を配りながら摂るようにしましょう。今日では、食の安全が保障されていません。自身で注意をして有害物質を摂らないように食事には充分を注意しましょう。

食材、食事内容に注意をしていれば、自然に便秘も解消されて体内の有害物も自然と排泄されます。便秘はダイエットには大敵です。1日1リットルくらいの水を飲み、尿と一緒に有害物を排出するようにしましょう。そして、適度な有酸素運動で代謝機能を高めます。ウォーキング、ジョギングなどです。身体の循環機能が高まり、デトックス効果も高まります。このように、身体に有害なものを溜め込まないように、身体を変えることもダイエットには大切な要素の一つです。

 

ダイエットをするために身体の中に溜まった有害物質を取り除く、デトックスを実践しましょう。デトックスの主なものには、汗をかくこと、デトックス効果のある食べ物を食べ、毒素を体内に取り込まないように食材に気を付ける、適度な運動をする、便秘にならないように気をつけることなどが上げられます。

適度な運動をすれば汗をかきます。運動以外で汗をかくことができるのは入浴、半身浴がよいです。サウナなどもありますが、自宅でできる入浴、特に半身浴は、全身浴とは違い心臓や肺にかかる負担が少なく、長時間お風呂に入っていられます。長時間かけて身体を温め、血行が良くなり、汗がたくさん出ます。これが大変にデトックス効果があるというわけです。さらにはダイエットにも大変効果的です。半身浴を毎晩続けることで、低体温や冷え性の改善にもつながります。それに運動を組み合わせることができれば、さらに代謝機能が高まり、太りにくい身体への改造へとつながります。汗をかく前には、トウガラシやショウガを摂取すると、より効果的に汗が出でます。

 

体内毒素を排出して健康にダイエット

有害物質が、日々の生活の中で知らないうちに体内に蓄積されていることが昨今では考えられます。身体の溜まった各種の有害物質は健康を害したり代謝機能を弱くして、太り身体にかえてしまいます。そこで、身体に溜まった有害物質を取り除き、痩せやすい身体に身体構造をかえてゆきましょうくり。身体の中の有害物を取り除く作業デトックスといいます。

デトックスは、浄化、「解毒」などという意味があり、体の中の過剰なヒ素、鉛、アルミニウムや、身体に有害なあらゆる毒素を体外に排出させる健康法のことをいいます。毒素が身体の中に溜まると倦怠感、肌荒れ、むくみ、冷え、便秘、肩こりなどになってしまいます。

デトックスをするには、発汗、食事療法、運動療法、便秘解消による規則正しい排便、多量の水を飲んで尿を出す、サプリメントを飲むなどの方法がありますが、これまた個人差があるので、それぞれの身体の状況、健康状態に即したデトックスを実行するのがよいです。いずれにしても、毒素を体外に排出すことは、ダイエットだけではなく、身体の健康にもよいので、是非でトックスを実践しましょう。

ダイエット成功のカギ4.

ダイエットの停滞時期には体重がなかなか減りません。食事の内容や運動量を見直しながら、その時期が過ぎ去るのを待ちます。体重が減らない時期には、あまり体重計に乗らないようにして、ストレスがたまらないようにしましょう。そして、体重の増減をあまり気にせずダイエットを続けましょう。

ダイエットをする時、ダイエットのことばかり考えてストレスになるのはよくありません。あまり考えすぎないように力を抜きましょう。ダイエットは辛いですが、楽しいものになるおうに考え方を変えましょう。少しダイエットについての考え方、見方を変えて楽しみながらダイエットをするようにしましょう。

我慢のしすぎのダイエットは、必ずどこかで爆発(挫折)してしまいます。ストレスで大食いをしてしまい、それまでのダイエットを無駄にしてしまうようなことにもなりかねません。

自分の性格、ライフスタイルにに合ったダイエット方、マイペースでコツコツとダイエットしましょう。病気の治療法、薬は、人によりその症状により違います。ダイエットも同じです。人それぞれにマイダイエット方法があるはずです。自分にあった楽しいダイエットで頑張りましょう。


 

ダイエットといっても。。。

一口にダイエットといってもかなり種類がありますよね。
女性のほとんどが痩せたい、ダイエットをしたいと思っているからか
テレビでもかなりいろいろな種類のダイエットを紹介しています。
私も女性なので痩せたい、ダイエットをしたいという思いがあり
かなり様々なダイエットを試してきました。
もうそれこそ、
バナナダイエット、もやしダイエット、こんにゃくダイエットなど食べる種類を制限するダイエットや
バランスボール、腹筋、ウォーキング、ランニングなどの運動系、
絶食系ダイエットもしてみたこともあります。
これから数々のダイエットについて書いていきたいと思います。
それぞれのダイエットにメリットもあればデメリットもあります。
どうせなら楽しく、ストレスをためずに痩せたいですよね。
いろいろ試してみたり、友人の話を聞いてみて思ったのは
【ダイエットにも相性がある】ってことです。
つまりダイエットそれぞれの特質を理解してダイエットをしなければ
長く続かなかったり、リバウンドしてしまったりするのです。
友人がうまくダイエットできたからといって
自分がうまくいくとは限らないのです。
なので私はそれぞれのダイエットに向いてる人を紹介してみます!
『これ、私かも?』と思って頂けたなら試してくださいね!

ダイエット成功のカギ3.

ダイエット成功のためには、あまり大きな目標を立てることはよくありません。ダイエットはゆっくり、小さな目標でコツコツと続けていくことが大事です。小さな目標、ちいさな我慢、小さなストレス、小さな成功。そして、その継続が大切です。目標が達成できれば次のまた少しだけ大きな目標に向かって頑張ります。

体重やカロリー消費の量にあまり神経質にならないようにしましょう。体重計ばかりにのって気にしてばかりいる必要は無いです。何にでも個人差はあります。体重は、一日に一度測ればよいです。あまり気にしないように。カロリーも、日々その消費カロリーの状態は違います。カロリーの摂取量を記録するのはよいのですが、いつもあまり細かくチエックして、思うような成果が得られずそれが原因で悩む必要は全く無ありません。

体重が減らなくなったり、逆に増えてしまう時期がダイエットをしている途中には必ずといっていいほどあります。そういう時期は誰にでも起こる時期なのです。この時期をうまく乗り越えられればダイエットはほぼ、間違えなく成功するでしょう。

ダイエットを成功させるカギとなるポイントは他にもあります。

一日の自分の食事の量、運動量、カロリー、精神的な状態をメモするだけで、摂取カロリー、消費カロリー、運動量、自分の精神状態が客観的に観察できます。不思議とこれで気持ちが落ち着したりもします。書くことは、ダイエットをしている時には気持ちを安定させるよい方法の一つになります。

お風呂など、空いている時間に鏡で自分の身体をじっくりと眺めてみましょう。自分の身体の肉がついているところ、ダイエットの必要性が感じられ、体重が減ると身体が変化してゆくので、気分的に余裕が出てきて、場合によってはダイエットが楽しく感じられたりもします。

自分の力になってくれたり、励ましてくれそうな人達に、自分がダイエットをしていることを伝えておくと、その人達が励ましてくれたりするのではないでしょうか。ダイエットに協力してくる信頼のおける人の励ましは、精神面でのストレス軽減に役立ちます。誰かと二人で、或いは三人で一緒にダイエットするのも心強いです。

ダイエット成功のカギ1.

ダイエットをはじめたら誰でも成功させたいと思います。でも、途中で挫折して失敗したり、思うようにダイエットが進まずストレスになって、直ぐにリバウンドしてしまう人も多いです。その結果は人それぞれ様々です。しかし、せっかくはじめたダイエットなのだから成功させたいですね。そして、落とした体重を定着させたいですね。そこで、ダイエット成功のカギとなる幾つかのポイントをまとめてみます。せっかくはじめたダイエットなのですから、是非成功をさせたいものです。

ダイエットには、多かれ少なかれストレスや疲れを感じるところがあります。我慢や努力が必要なので、それは誰でも当然感じることばかりです。しかし、過激な運動や過度な食事制限で過度のストレスを溜めると、かえって逆効果になります。ダイエットは小さな我慢と小さな努力で、小さな成果をコツコツと積み上げていけばよいのです。行き過ぎは失敗の元です。

ダイエット中に一回運動を止めたり、一度食べ過ぎてしまっても大丈夫です。それで、ダイエットが失敗に終わるわけではありません。その後もダイエットは続けましょう。これからうならないように気をつければよいのです。今まで頑張って続けてきたダイエットを、一度や二度の食べ過ぎで止める必要は一切ありません。それどころか、今までのダイエット方法を見直すよい機会です。


 

今すぐはじめるダイエット2. 

正しいダイエットを始めましょう。痩せたい、と、思ったその瞬間からダイエットをはじめましょう。肩の力を抜いて、ゆっくりダイエットをはじめます。ハードなダイエットはいけません。今できることを考えて、やってみます。今机に座っているのなら、背筋を伸ばして、足はかかとを床につ付けずに暫くそのままの状態で居ます。今から食事をするのであれば、いつもより一口でもご飯の量を減らしてみます。お酒とおつまみの量を1杯、1品だけ減らします。ダイエットは、思い立ったら直ぐに、小さな事からコツコツとはじめてゆくのがよいのです。

小さなコツコツダイエットは、その効果も小さいですが、過度の精神的ストレス、身体への負担もありません。体重が急激に減ることがない反面、急激にリバウンドすることもありません。今始めたダイエットを成功させるためには、小さな目標を立てて見ましょう。痩せた時の自分の姿を想像してみてもよいです。決して大きな目標であってはいけません。こえられる程度の目標で充分です。ダイエットは、思い立った、今からはじめるものです。そうすれば、ダイエットの成功率はぐんと高くなると思います。

今すぐはじめるダイエット1.

今日はたくさん食べて、明日から頑張ってダイエットしよう、と、いう人、この次はダイエット器具を購入して本格的にダイエットしよう、と言う人、明日からと、ダイエットのスタート時期を後送りにしたり構えてダイエットに入る人は、概して過去にダイエットに失敗しているか、気持ちのどこかにダイエットに対してのストレスを既に溜めているひとではないでしょうか。ダイエットに失敗する原因は、食事制限や運動にストレスを溜め、途中でギブアップしたり、リバウンドしてしまうことです。ダイエットが失敗すると、誰でもダイエットが嫌になり、やらなくてはいけないと思う反面、できればやりたくないという気持ちが心の奥にはいつも潜んでいる状態になります。

運動もせずに、食べたいものを沢山食べて痩せることはできません。どんなダイエットでもある程度の努力と我慢は必要です。でも、過度のストレスを溜めるほどの我慢の要るダイエットは決して正しいダイエットではありません。正しくいダイエット方法であれば、痩せることはできます。しかし、間違ったダイエット方法を選んでしまうと、たとえ痩せたとしても心も身体も不健康な状態となり、その結果リバウンドしてしまうようなことにもなります。必ず、健康的にに痩せるために正しいダイエットを今から始めましょう。明日に延ばさず、肩の力を抜いて今出来る方法ではじめましょう。

内臓脂肪と皮下脂肪

ダイエットに入る前に、太りすぎ、いわゆる肥満について調べてみましょう。肥満には内臓に脂肪がついて、お腹が出ている「リンゴ型肥満」と、身体全体やお尻などの下半身に脂肪がついた「洋ナシ形肥満」があります。リンゴ型肥満は、皮下脂肪型と内臓脂肪型にわかれますが、内臓脂肪型の肥満の場合は、実は身体に悪くとても危険な状態ので肥満です。

内臓脂肪とは、身体の内臓の周りにつく脂肪のことで、体内であまってしまった脂肪が蓄えられている状態です。内臓脂肪は糖尿病や高血圧など、成人病を引き起こす要因を秘めていて、肥満ではない人に比べとても高い確立で成人病を発症してしまいます。内臓脂肪が多い人は 、早く脂肪を減らさなければ危険な状態という訳です。ただし、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃えやすい性質があるので、ちょっと頑張ってダイエットをすれば、外観も、内面も健康な身体に戻しやすいのです。もちろん、皮下脂肪型の肥満の人も安心してはいられません。成人病になる確立はやせている人よりも高いので、余分な皮下脂肪は早く減らすようにした方がよいです。

体脂肪を減らしてダイエット

体脂肪を減らすということは大事なことです。食事制限でダイエットが成功しても、栄養素が不足して筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が悪くなり、前より太りやすい身体になってしまうこともあります。この場合、ダイエット終了後、以前の食事内容に戻すと体重も、たちまち元に戻り、それどころかダイエット前より増えてしまうこともあります。その現象を防ぐには、筋肉を減らさず体脂肪を減らすダイエットをしなければなりません。筋肉を落さないためには、筋肉の元になる栄養素を取り、運動による筋力アップを図ることです。そして、有酸素運動で体脂肪を燃やすと体脂肪率が減ります。そうすれば、ダイエット後のリバウンドも少なくなります。

このようなダイエットを行なうと、短い期間で痩せることは難しいのですが、短期間で体重が元に戻ることも少ないです。ダイエットを根本的に成功させるためには、体脂肪を減らすダイエットをしなければならないというわけです。

大食漢の人は、有酸素運動でダイエットをしながら食事制限もすることで、ダイエットが進みやすくなります。ダイエットサプリメントなども時には効果があります。運動する前のアミノ酸系サプリは、体脂肪の燃焼効果をアップさせるものもあるので試してみるとよいでしょう。数々のダイエットの方法がありますが、その基本は体脂肪を減らすことができるダイエットということです。

 

便秘から開放されてダイエットしよう

便秘は、ストレスや不規則な生活、食生活の変化からなる人もいます。便秘は食べたものが長い時間、内外に出されず腸の中に留まっている状態です。滞留した便は、時間の経過と共に腐敗します。腐敗すると毒素が発生しそれが全身に回ってしまいます。そうすると肌荒れ、疲労、頭痛などの症状が出て、代謝を低下させ身体のあらゆる循環機能も鈍くなり痩せにくくなってしまいます。便秘薬で解消する手がありますが、使い続けると腸の働きがさらに悪くなり、便秘がさらなるひどい便秘を呼ぶjことにもなりかねません。

便秘の症状は人それぞれ個人差があるので、自分に合う便秘の解消法を試してみるしかありません。また、短期間で便秘は解消されるものでもありませんが、あきらめずに根気よく続けていくことが大事です。便秘が解消されれば、腸に残っていた余分なものが掃除、排出され、代謝機能が高まり、ダイエットしやすい身体へと自然と近付きます。便意を我慢せず、水分を多く摂り、糖分を控えます。食物繊維を摂り、朝食もしっかり食べます。身体を冷やさず腸を刺激する運動もしましょう。便秘の解消は健康にもよく、ダイエット効果も高めます。

ウォーキングのダイエット効果

ウォーキングは体脂肪を燃やす効果があり、筋肉を付けると基礎代謝も高まります。ウォーキングはストレスを解消、精神安定効果もあるので、ストレスがたまりやすいダイエット中の運動によいです。 公園、海岸、自然の中の遊歩道などをウォーキングするのがお勧めです。長時間歩く方が体脂肪燃焼効果は上がりますが、短時間のウォーキングを何回も行なうと効果が上がるので、通勤時間、買い物時間などをウォーキングの時間に回すとよいです。

ウォーキングを長い時間続けることは結構大変で、特に身体が慣れていないうちは苦痛なってしまいます。自分に合ったスピードと、時間からはじめないと長続きはしないでしょう。自分に適したスピードで、疲れを感じはじめたらやめるようにするのがよいです。いつも疲れたら止めるようにすると、トレスなく、景色を楽しみながらの楽しいウォーキングができます。しばらく続けていくと身体も歩くことに慣れて、体力もつき歩行距離も自然と長くなり、歩くスピードも増して自然に基礎代謝が高まり、ダイエットへと結びつきます。

 

日々の生活の中での簡単ダイエットエクササイズは誰でも無理なくできる簡単な運動なので、その一例をもう少しご紹介しましょう。是非、日々の生活の中で取り入れてみて下さい。

洗濯ものを干す時には、身体を捻りながら干すようにすると腹筋や背筋が鍛えられます。これにはウエストの引き締め効果があります。 モップや掃除機で掃除をしている時には、できるだけ大きな動きで掃除をすると、腕、胸、背中の筋肉が鍛えられます。雑巾での拭き掃除も腕や胸の筋力アップによいです。窓拭きする場合にも大きく手を動かして拭くと効果があります。階段を上る時は、つま先だけつけて上ります。段差が低い階段では、一段飛ばしで上がるのもよいです。

仕事が無い暇な時間所ができたら、引き締めたい部分の筋肉に力を入れたり、力をぬいたりを何回も繰り返すと筋力アップができます。日常の生活の中で、動きを少し変えるだけで簡単に筋力アップができます。常に筋力アップを意識しながら、時々気付いた時だけでもよいと思います、少しずつ無理せず長く続けてゆきましょう。

 

日々の生活の中でもダイエットができます。ちょっとの工夫や動きを加えるだけで、日常生活の中の何てことの無い動きが、思わぬダイエット効果を生むエクササイズに変わります。筋肉が付いて、筋力アップすると基礎代謝もアップします。そして、ダイエットに役立ちます。日々の生活では、仕事や家事が忙しくて運動する時間が無い人も、運動するのが面倒という人でも、短い時間で毎日続けられて長い期間行うことにより、効果的な簡単エクササイズが日々の生活の中でできるのです。

例えば、物を落して拾う時、物を持ち上げる時、腰を曲げないで、ひざを曲げて姿勢を低くしてから持ち上げるようにすると足の筋肉を鍛えることが出来ます。通勤電車の中で立っている時、料理を作っている時に、かかとを少しあげてつま先立ちの状態を続けると、ふくらはぎや太ももの筋肉が鍛えられます。立っていてバランスが悪くなると、バランスを保とうとして普段使わない筋肉も使うことになるので、合わせて鍛えることができます。椅子に座っている時は、背筋をまっすぐに伸ばして座ると、背筋や腹筋が鍛えられます。床に座っている時も効果はあります。椅子に座っている時、かかとを上げた状態で居るようにすると足の筋肉が鍛えられます。

有酸素運動でダイエット

有酸素運動は運動中、酸素を取り入れながら運動することで、酸素を取り入れることによって、内臓にたまっている脂肪などをエネルギーに変えて消費します。無酸素運動では運動中、体内に酸素が取り入れられないので、脂肪をエネルギーに変えられず脂肪の消費がない運動のことです。有酸素運動の場合は、始めてすぐにでも脂肪燃焼が始まると言われますが、より効果を上げるには最低でも15分以上続ける必要があるようです。分割して有酸素運動をしても、脂肪燃焼の効果はあまりないということも報告されています。有酸素運動は食後すぐに行うのではなく、食後数時間たってから行うのがより効果的のようです。

主に、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、スローペースのスイミングなど、長時間続けてできる運動が、俗に有酸素運動と言われます。体力のない人が、ハードな有酸素運動をすると、無酸素運動になってしまっていることもあります。逆に、ダッシュ、ジャンプ、筋肉トレーニング、ハイペースのスイミングなどの息が切れる程の運動で、すぐに疲れて持続ができない非常に強い運動が無酸素運動です。強すぎる有酸素運動は無酸素運動になってしまうので、無理はしないように注意が必要です。

運動してダイエット

運動をすると、体内の脂肪を燃焼させ、筋肉が付き基礎代謝が高まります。基礎代謝は、何もしない状態でもカロリーを消費することができるエネルギーで、その役割の半分近くを筋肉が占めています。そのためカロリーを多く消費する筋肉が付けば、痩せやすい体へと変えることが出来ます。

ダイエットに運動は不可欠です。しかし、残念なことに運動をしていなかった人が、いきなりジョギングなどの運動を始めても長続きはしません。それどころか慣れないことへのストレスが溜まったり、怪我や病気を引き起こすことにもなりかねません。自分に適した内容の運動や運動量を見つけ、自分の体調に合わせて少しずつ運動量を増やしてゆくことがポイントです。

ダイエットに適した運動は有酸素運動と言われています。有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど酸素を取り入れながらの継続運動のことです。過去に運動経験があまり無い人が急に運動を始めようとすると、身体に負担がかかり、ストレスにもなります。そのエネルギーの消費が多くなると、いつもより食欲も湧いてしまいます。ダイエットのために有酸素運動を取り入れることは大切ですが、上手に無理なく、自分に適した方法で取り入れていかなければ効果はありません。

お酒好きのダイエットのために

お酒好きでもダイエットはしたいです。好きなお酒を止めることなく無理なくダイエットをするためにお酒のカロリーや、主なおつまみについてちょっと参考に調べてみましょう。知っていれば、気をつけて飲酒するようになりダイエット効果も高まります。
下記の表を参考に飲んだお酒の分、食事やおつまみのカロリーを抑えましょう。
ビール(250ML)は100、発泡酒(350ML)は158、日本酒(本醸造)1合(180ML)は193、ワイン(赤・白)100MLは73、ウイスキー30MLは71、焼酎(乙類)100MLは146、紹興酒30MLは38。以上のように主なアルコールのカロリーはなります。

お酒と、どうしてもおつまみが必要な人のために、お勧めできるおつまみの一例としては、お刺身、鳥肉ののささ身(たたきなどがよいです)、枝豆、豆腐類、魚類の干物、温野菜サラダなど、なるべくよく噛んで食べないといけないものが上げられます。

揚げ物や、チーズ、脂肪分の多い肉、ナッツ、ご飯などカロリーの高いもの、糖質や脂肪分の多いものは摂らないようにしましょう。飲むアルコールの種類やおつまみの内容を見直せば、それだけで体重を減らすこともできます。

お酒好きのダイエット 

お酒が好きな人もダイエットはしたいですね。好きなお酒を飲みながらのダイエットで注意することのまず一番目のポイントは、おつまみの食べすぎです。飲んだアルコールは消費されるので、アルコールと食事で摂った糖質だけでエネルギーが足りてしまいます。すると、残りのカロリーは全て体脂肪になってしまいます。カロリーを取り過ぎないためには、お酒で摂取したカロリー分の、食事は減らさなければなりません。カロリーを減らすためには燃えやすい糖質やタンパク質を減らすより、燃えにくい脂質を減らすことです。

アルコールは、肝臓で脂肪を合成をさせたり、脂肪の燃焼を妨げる働きをすると言われています。そのため、お酒を飲むときには、カロリーや食事の内容に気を付けなければなりません。好きなお酒を我慢してダイエットしようとすると、ストレスでダイエットもままならなくなるかもしれません。そこで、お酒を飲むときは、おつまみを沢山食べないように注意しないといけません。

お酒を沢山飲んだ後に、ラーメンやお茶づけがなどを食べる人が沢山いますが、それらを食べると体脂肪になります。お酒を飲んだ後は水分をしっかり取って何も食べずに眠ることがダイエットには一番よいです。

ダイエットとお酒

お酒を沢山飲むと太ると言われていますが、少しの工夫と注意でお酒を飲みながら楽しくダイエットすることも出来ます。ただし、お酒には食欲を増進させる働きがあることも事実なので、食べ過ぎてしまわないようによく注意することは大切です。食前酒として少量のお酒を飲むことはよくありませが、これは、これから食べる食事を美味しく、沢山食べるために飲むわけでです。お酒は気持ちをリラックスして和らげる効果があるので、飲む量を調整してストレス解消をし、より大きなダイエットの効果を得られるように工夫するとよいです。

アルコールのエネルギーは体にはためることができないので、その消費は早いです。お酒を飲むと身体が熱くなるのはその消費エネルギーによるものです。醸造酒やカクテルには糖質が多く含まれるので、その糖質が身体に蓄えられます。飲み過ぎると糖質が身体に蓄えられてしまいます。特に甘いカクテルは糖質が多く含まれているので、飲み過ぎると太ってしまいます。ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は製造方法がカクテル類とは違うので、アルコール以外のカロリーはそれほど含まれていません。したがって蒸留酒だけを飲んでいればそれほど太ることはありません。

 

ダイエットと栄養素

ダイエットをするためには食事の量を減らさなければなりませんが、このことは同時に、カロリーや身体に必要な各種の栄養素をも減らすことになってしまいます。各種の栄養素は人間の身体にとって大切な働き、役目を持っているので、極端にある種の栄養素が不足すると体重が減らなかったり、精神的に不安定になったり、それどころか身体に不調をきたし、やがて思わぬ病気を引き起こしてしまうこともあります。そうならないためには、ダイエットをする時には栄養素の摂取にも充分気をつける必要があります。

タンパク質、糖質、脂質は、身体には必ず必要な栄養素です。ダイエットをしてもこれらのバランスをとりながら適度に摂取しなければなりません。ダイエットで、糖質や脂質を極端に減らすと、タンパク質がそれらの栄養素の代わりに使われるようになり、筋肉が作られずに落ちてしまうことがあります。また、成長期にタンパク質を減らすようなダイエットをすると健康を損ないます。

糖質は脳のエネルギーになります。必要以上に摂ると脂肪として蓄えられてしまいますから、糖質は炭水化物から摂るようにして、砂糖などからの糖類の摂取は減らした方がよいです。脂質も必要な要素ですが、脂質は食べ物に含まれる量でほぼ足ります。その他にはビタミンB群、ミネラル(カルシウム、マグネシウムなど)も欠かせません。

 

ダイエットによい夕ごはん

夕ごはんは、一日のうちで一番軽くてよいのです。概して大食漢の欧米人も、昔から夕食はあまり沢山食べない習慣があります。夕ごはんは、洋食より、あっさりとした和食がよいです。朝ごはんや、昼ごはんで摂取できなかった栄養素を摂れるようにするとよいです。極力カロリーは低く抑えましょう。そして、自宅で、ゆっくりよく噛んで食べましょう。低脂肪、高タンパク質の食事を寝る2時間前までに摂るようにしょう。

野菜の摂取は、朝、昼、夜と必要です。食物繊維が豊富で、水分でお腹が膨れ、低カロリーに抑えることができます。野菜はダイエットには欠くことのできない食材です。野菜を沢山食べるためには、鍋料理もおすすめです。魚や脂肪分の少ない肉を一緒に入れるとよいです。あつい鍋はゆっくり食べることになるので、食べすぎ防止にもなります。キムチ鍋では、唐辛子でカプサイシンが摂れます。冷え症の人には、身体を温める効果のあるショウガやニンジン、かぼちゃなどを摂るとよいです。煮たり蒸したりして、なるべく油を使わない方法で調理しましょう。

ダイエットによい昼ごはん

昼ごはんも、朝ご飯と同じで炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルを摂るのがよいです。お昼ごはんは外食よりも、お弁当がお勧めです。カロリーや栄養バランスの管理がお弁当でできればよいと思います。お弁当では不足しがちな野菜をたっぷり使った、脂肪分の少ないおかずがよいです。お弁当の量をあまり少なくすると、お腹がすいて間食をしてしまう恐れがあるので、お腹に長く残る内容がよいです。 ご飯は、玄米や雑穀米の方が消化するのに時間がかかるので腹もちもよく、血糖値の急激な増減がありません。また、食物繊維やビタミン、ミネラル類が豊富です。
 
お昼のおかずには、蒸した根菜類のサラダにノンカロリーのドレッシングをかけたもの、煮た豆類は、長く保存のきくおかずです。家で簡単に作れます。栄養豊富で、高たんぱく質、食物繊維も豊富です。大豆に含まれるイソフラボンは身体によく、おから料理もお勧めです。魚や脂肪の少ない鶏肉などは、揚げるのではなく焼きましょう。卵も栄養価が高いので、添えるとよいです。昼ごはんは、少し多めに食べても大丈夫です。

ダイエットによい朝ごはん

ダイエットのために食事回数を減らして、朝食を抜く人も多くいますが、それはかえってダイエットには逆効果です。朝食を抜くと、体を動かすエネルギー源がないということになり、代謝が低下して脂肪の燃焼ができなくなります。さらに脳の働きも鈍くなり、集中力の低下や倦怠感などを感じるようになります。そして、身体は足りないエネルギーを体脂肪などから補おうとするので、体に入ってきたエネルギーをいつもより溜め込んでしまうようになります。ダイエットに朝ごはんを抜くということは大敵です。

朝はエネルギーに変わりやすい炭水化物、タンパク質、ビタミン類を多く摂るのがよいです。洋食より、和食の方がよいです。ご飯は、満腹感が持続できて脂質も少なく、血糖値の急激な上昇を防ぎます。玄米や雑穀米はなおよいです。野菜の味噌汁も、味噌のタンパク質やビタミン、食物繊維も沢山摂取できます。魚や脂肪分の少ない肉などを加えて栄養のバランスを整えるとよいです。野菜と卵を入れた雑炊もお勧めです。ヨーグルトは、腸の届く菌を使ったものを食べると便秘の解消に効果的があります

まだ改善できる食習慣

自分が好きなものが栄養のバランスのよいものであればよいのですが、なかなかそうもいかないでしょう。そうすると自分の好きなものばかり食べていると、ダイエットが進まずそれがストレスとなったりもします。なるべく食事内容の栄養素をチェックして、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。食品に記載されているカロリーを確認することも大切です。食事の盛り付けは、大皿盛りにするのではなく、なるべく一人ずつ、小皿に分けて盛り付けるようにしましょう。そして、 盛りつけが、きれいにされていると、食事が目で楽しむことができて、早食い予防にもなります。そして、ストレスによる大食い、もったいないから残さずに食べてしまう、などもよくありません。ストレス解消を食べることに求めず、おかずの作りすぎにも注意しましょう。

その他には、お菓子やインスタント食品の買溜めもダメです。食事をしたら直ぐに跡形付けをする、余剰な食べ物は目に付かない所にかたずける、寝る2時間前以降は食べないなど、気を付ける点はいっぱいあります。これら日々のちょっとしたことに気を付けていれば、自ずとダイエットへとつながります。

日々摂取しているカロリーがそれほど高くはなくても、その食べ方、体内への摂り込み方が悪いと太ってしまうことがあります。ダイエットをするには、悪い食べ方、食物の摂り方を矯正しないとスムーズに体重が減らないことがあります。その食べ方、体内への摂り込み方を変えるだけでも体重減るにつながる場合があるのです。

長時間空腹状態になるのはやめて、1日3食を決まった時間、決まった間隔で食べましょう。夜は脂肪をためやすい状態になっているので、夕食を夜遅い時間に摂ることはやめましょう。ゆっくりと味わいながら食事を摂り、満腹感を得るようにしましょう。何回も噛んむようにしましょう。早食いはやめましょう。急いで食べると、脳が満腹を感じる前に食べ過ぎてしまい、気付いたらお腹がいっぱいで苦しいという状態になってしまします。食事はゆっくりと、よく噛んで摂りましょう。しかし、ゆっくり食べることはよいことですが、テレビなどを見ながら、だらだらとした、ながら食べはよくありません。この場合は、無意識のうちに食べ続けている状態で、かなりの分量を食べていても自分で気が付かない場合が多く、結果として食べ過ぎてしまうのです。

 

黒豆ダイエットの方法について

黒豆ダイエットというダイエット方法は、テレビでも紹介されたことで人気が高まっていますので、ご存知の方も多い事でしょう。黒豆ダイエットの方法ですが、乾燥した黒豆を70g毎日食べるというものになります。

乾燥した状態の黒豆を、水に一晩浸すと、黒豆がふやけますので、それを15分間ほど蒸せば出来上がりです。後は、できた黒豆をアレンジして、毎日いろんな料理を作ると、飽きずにダイエット出来るのではないでしょうか。

黒豆は、どういった摂取方法でも構いません。たとえば、サラダに入れても良いですし、スープにしても良いですね。野菜炒めの中に入れたり、たこ焼きやお好み焼きの中に入れても良いと思います。意外と、様々な食べ物と合いますので、ダイエットも続けやすいと思います。

黒豆は健康にも良いと言われていますので、ダイエット効果だけでなく、健康効果も実感できるのではないでしょうか。

意識的に体重増加をはからなければならない相撲の力士は、一回あたりの食事の量を増やすということをしますが、その前に一日の食事の回数を減らしています。食事と食事の時間の間隔を大きく開けることにより、その中間では一時的な飢餓状態になります。その状態により、次の食事の時に栄養吸収率が上がるため、一日の総摂取カロリー数が同じであっても、吸収率が高いために体重の増加につながりやすいと考えています。一回の摂取量を増加させれば、体重の増加に働くということです。そこから推測すると、その逆の行為をすれば、体重の減少につながるともいえます。

消化器官の手術の後などには、一度に処理できる食物の量が少なく限定される場合が多く、その結果一回の食事での摂取量は減少してしまいます。そのため、一日の必要カロリー量を維持するためには、食事の回数を増加させなければならなりません。このことは、一回あたりの食事量を増やして、一日の食事回数を減らすこととは、真逆の行為であり、太りにくい体質へと改善する方法の一つと見られています。一日の食事回数により体質を改善し、ダイエットへとつなげてゆくことも出来るのです。これは、体質改善というよりも生活習慣の改善ともいえるかもしれません。体質改善が出来れば、その後の体重の減少は加速してゆくと思われます。

食物繊維で無理なくダイエット

野菜などの食物繊維の多い食べ物は消化吸収の速度を落とすので、空腹を感じる時間が短くなります。食物繊維は、大腸の内部での腸内細菌などの作用により発酵します。大腸の組織は発酵により再生され、吸収された物質を主要なエネルギー源として直接利用し、余剰となった部分が全身組織のエネルギー源として利用されます。このように大腸の内部で発酵により形成された、様々な成分により空腹感が軽減されます。空腹感が軽減されれば食欲が減退し、過食を抑制し肥満予防へとつながります。

植物繊維を沢山摂るということは、炭水化物や脂肪に変わる成分をより身体によい物資を通して摂取することが出来ることにもなるので、単に肥満の予防をするというだけには留まりません。食物繊維を摂るということは、血糖値の急激な上昇や、コレステロールの吸収を防ぐことにもなるので、人の身体全体にとっても有益であるといえます。すなわち、身近にある食物繊維を多く含む食品を摂ることにより、肥満予防から、知らず知らずのうちに、体重が落ちでゆくのです。過酷なダイエットを実践しなくても自然に、無理なく減量へとつながる食物繊維をなるべく意識して摂るようにしましょう。そうすれば、いつのまにか体重減になっているはずです。

りんごダイエットの効果について

りんごを利用したダイエット方法がありますが、具体的にどういった効果があるのでしょうか。りんごには、食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘の改善などにも効果的です。女性は、便秘気味の方も多いと言われていますので、便秘が改善されることにより、ダイエットにつながると言えるでしょう。

また、ポリフェノールも含まれていますから、老化を予防する事にも繋がります。女性にとって、老化というのは、なるべく避けたい事だと思いますので、りんごダイエットをすることによって、老化を防ぐ事もできるというのは、一石二鳥でしょう。

また、体内の塩分を排出するという作用もあります。それによって、血圧の上昇を抑える事ができるため、高血圧などの病気の予防にも繋がります。健康にも、美容にも良いりんごだからこそ、ダイエットに適していると言われているのでしょう。こういった様々な効果のあるりんごを利用した、りんごダイエットを実践してみてはいかがでしょうか。

糖分の多い飲料水などを多く摂ると血糖値が上がり、身体はそれを阻止しようとして大量のインシュリンを分泌して血糖値を下げようとします。血糖値が急激に変動する現象は肥満に結びつくとされています。また、この現象は心理面にも影響を与えることがあり、気が短くなったり、些細なことでキレルことが多くなるとも言われています。糖分の摂取には、米などの炭水化物を摂ることがよいとされていますが、それは、米などの場合には穏かに血糖値が上昇し、体調、精神面、体重も安定的にコントロールができるからです。

普通の食事の習慣では、朝と昼に摂った炭水化物や脂肪がその日一日の充分な量であることが多く、運動量が減少する夕方以降に摂取された炭水化物や脂肪は消費がされにくいので、夕方以降のこれらの摂取を制限すれば糖尿病や肥満を防ぐことが出来るということになります。尚、タンパク質を多く含む食事をすれば、飢餓の抑制ホルモンが働いて高脂肪、高炭水化物の食事を取る時と比較して、空腹感をかなり押さえることができます。また、他にも摂取コントロールで大切なことは、過大な摂取要素を減らし、過小な摂取要素を増やすということもあげられます。正しい摂取コントロールをすれば自ずと、精神、体調、体重の全てがコントロールできます。

ダイエットとは肥満防止という事が一番あっているのではないでしょうか?

太ってうれしい方などほとんどいないと思いませんか?

後、太っていると病気を併発しやすい事。

一日の摂取カロリーをコントロールすることも必要となってきます。

英語ではダイエットを生活様式ととらえられているようです。

もちろんアメリカなど行くと太っていると自己管理ができてないという理由で仕事の面接に落ちてしまうほどですものね。それほど太っては行けなけない国もあります。

まずは日常の食べ物からきをつけたいものです。

そして近年脂肪をとるために脂肪吸引などを手軽に行うことができますがあれは体重80キロ以下でないと手術を受け入れてくれません。

まず食欲をなくすサプリメントで80キロ以下まで体重を落としてからのスタートとなるようです。

非常に危険と隣り合わせなので気軽に考えている方は少し立ち止まって考えてみてください。

もっと、すぐには減らないとしても方法はいくらでも出てきます。

自分の生活を少しだけ改善すればいいのです。


努力は必ずかなうことを信じて毎日コツコツ積み重ねていくことをおすすめします。

栄養学の面から考えて、摂取カロリーをコントロールしてダイエットへと自然な形ですなげてゆきます。中高年齢層以上に増える生活週間病の予防や、体重増加に伴う関節などへの負担を減少させるために、食事による総摂取カロリー量に上限を設定します。そして、摂取カロリーを消費カロリーより常に少なく保つことにより、体重を減少させてゆきます。反対に、運動や体質の改善、病気治癒などの目的で、体重を増加させることを目的として、食事の総カロリー量に下限を設定します。これは、摂取カロリー量が、消費カロリー量を上回る状態を保つことにより、体重の増加を図るという、減量とは一見逆の行為と見えますが、これらのことはダイエットを科学的な仕組みから考慮したものとなります。

砂糖を制限したり、油分を制限することは、ある種の成人病の予防や治療のために行います。逆に糖分の摂取は低血糖を防ぐ為に行ないます。運動の前には、炭水化物の摂取を行います。便秘の場合には食物線維の豊富な食事をとるようにし、美容のためには各種のビタミンを多く含む食物の摂取を行ないます。近年では、健康食品などにより不足している栄養素を補うこともできます。自らの生活様式、身体の状態を把握すれば、その状態により摂取カロリーの増減をコントロールしてダイエットへと導くことが出来ます。

 

 
 

正しいダイエットのススメ

ダイエットとは、減量をすることをその目的として行なう、食事制限や食餌療法のことを言いますが、古くは人間の生活様式、人間の生き方を意味する言葉でもありました。人間の日々の暮らしを意味する「ダイエット」は、その言葉の由来から考えても、人間の正しい日々の生活様式を保つためのものでなければなりません。「ダイエット」=「減量」という安易な考えではなく、「ダイエット」という言葉の本来の持つ意味を意識しながら、人間の日々に生活様式、強いてはその生き方をも考慮した行為でなければなりません。その為には、ダイエットをはじめる前に、今一度自らの生活様式、生き方をしっかりと見直し、単に減量を目的とするだけでは無く、心身ともに自分自身にとって相応しいダイエット方法を見つけ出さなければ、決してダイエットは成功しません。「正しいダイエットのススメ」、それはダイエットを成功へと導く最初のステップです。

それでは、正しいダイエットをスタートするためには、何から手を付けてゆけばよいのでしょうか。まずは、自分自身の日々の生活に目を向けてみましょう。自らの日常の生活のサイクルは、現在どのようになっていますか?規則正しく、精神面にもゆとりがありますか?具体的なダイエット行為に入る前に、自らの生活様式を見つめ直し、もし軌道がずれていたら軌道修正をしましょう。そして、自らの身体の状態を医学的にチェックしましょう。専門医等に相談をしながら、医学的な観点から、自分自身の身体の状態について出来るだけ正確に把握します。そして、栄養学、運動化学の面から自身の身体に必要な摂取カロリー、運動量などを計測し、ダイエットスタートへの準備へと入ります。ダイエット本来の意味と目的を理解し、自分自身の身体の状態を正しく把握した上で、自らが納得できる、自分だけの、正しいダイエット方法を見つけ出しましょう。そうすれば、ダイエットは最終的に実を結ぶことと思います。単なる減量だけを目指すのではなく、自らの生活様式、生き方をも意識して、それら全てを巻き込んだダイエットを是非実践しましょう。

りんごダイエットについて

果物であるりんごを利用したダイエット方法があるのをご存知でしょうか。りんごダイエットは手軽に出来ることから、実践している方も多いと思います。そこで、りんごダイエットについてご紹介しましょう。

よく、置き換えダイエットという方法はありますが、りんごダイエットの場合は、りんご以外は食べてはいけないという方法になりますので、根気が必要です。1日中りんごや水などの水分だけで生活する事になりますが、りんごだけを毎日食べ続けるのは困難でしょうし、栄養バランスも崩れてしまうため、短期間で行うダイエット方法です。大体、3日間ほど実践すれば効果が現れるでしょう。

りんごについては、自分の好きなだけ食べて構いません。ですから、りんごが好きな方にとっては、嬉しいダイエット方法なのではないでしょうか。但し、女性の場合は、生理中など体調が悪い時には無理に行わない様にしましょう。もしダイエット中に体調が悪くなってしまったら、無理をせずに、中断することをおすすめします。

このダイエット方法は、ただりんごをそのまま食べるというだけですから、断食ダイエットのような感覚で試してみてはいかがでしょうか。

まいたけダイエットの方法について

まいたけダイエットの方法ですが、簡単に言えば、1日に1回、まいたけ料理を食べるというだけです。では、どのくらいの量を摂取すれば良いのかというと、1日に50g、それをなるべく加熱せずに使用するということです。

加熱しないと言っても、そのまま食べるのは難しいと思いますので、なるべく短時間で加熱するようにしてみてください。まいたけを煮た時には、その煮汁も使用する事をお勧めします。

また、まいたけは水に濡らしてしまうと、大切な成分が失われてしまいますので、汚れがあれば、軽くふき取る程度で、水洗いは避けましょう。こういった事に気を付けながら、たとえばまいたけのスープ、雑炊にしたり、炊き込みご飯などにしても良いと思います。

但し、あまりにも大量に食べてしまうと、お腹がゆるくなる可能性もありますので、量は50gほどを心がける様にしてください。こういった事を把握した上で、まいたけダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まいたけダイエットの効果について

きのこは痩せるという話を聞いたことがある方も多いのではないかと思いますが、これは本当の事です。ダイエット方法の一つに、手軽にできるまいたけダイエットがありますので、ご紹介したいと思います。

まいたけダイエットは、テレビなどでも取り上げられたことがありますが、簡単に言うと、まいたけを利用した料理を食べて、ダイエットをするという方法になります。そもそも、なぜまいたけでダイエット効果が得られるのかというと、まいたけには食物繊維が多く含まれています。食物繊維は、ダイエット効果が高いというのも有名な話ですが、便秘の改善効果、老廃物を排出する効果などがあります。また、まいたけには、MXフラクションという成分も含まれていますので、更にダイエット効果を高めてくれるのです。中性脂肪を分解する作用などがあるようです。

また、まいたけは、免疫を上げる働きもありますので、風邪をひきやすい方にもおすすめです。健康にも美容にも、そしてダイエットにも効果的ですし、手頃な値段で手に入りますので、自分で料理をアレンジして、まいたけダイエットを実践してみてはいかがでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。