お腹とウエストのダイエット

「福辻式」オリエンタルダイエットDVD


※個人の感想と一例で、効果効能を保証したものではなく、効果には個人差があります。 
HOME > ダイエット方法 > 食事回数をコントロールしてダイエット

食事回数をコントロールしてダイエット

意識的に体重増加をはからなければならない相撲の力士は、一回あたりの食事の量を増やすということをしますが、その前に一日の食事の回数を減らしています。食事と食事の時間の間隔を大きく開けることにより、その中間では一時的な飢餓状態になります。その状態により、次の食事の時に栄養吸収率が上がるため、一日の総摂取カロリー数が同じであっても、吸収率が高いために体重の増加につながりやすいと考えています。一回の摂取量を増加させれば、体重の増加に働くということです。そこから推測すると、その逆の行為をすれば、体重の減少につながるともいえます。

消化器官の手術の後などには、一度に処理できる食物の量が少なく限定される場合が多く、その結果一回の食事での摂取量は減少してしまいます。そのため、一日の必要カロリー量を維持するためには、食事の回数を増加させなければならなりません。このことは、一回あたりの食事量を増やして、一日の食事回数を減らすこととは、真逆の行為であり、太りにくい体質へと改善する方法の一つと見られています。一日の食事回数により体質を改善し、ダイエットへとつなげてゆくことも出来るのです。これは、体質改善というよりも生活習慣の改善ともいえるかもしれません。体質改善が出来れば、その後の体重の減少は加速してゆくと思われます。

※こちらの記事の内容は、ダイエットに関する一般的な情報で「福辻式」オリエンタルダイエットの情報と異なる場合があります。



PageTop


あなたのダイエットの悩み 今すぐ無料でチェック!

おなかとウエストのダイエット「福辻式」オリエンタルダイエットDVD大幅割引 キャンペーン中

オリエンタルダイエット

ダイエットの悩みに回答

ダイエット役立つ情報

ダイエットその他の情報

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!




HOME | 自己紹介 | オリエンタルダイエット | よくある質問 | お客様の声 | お申し込み | プライバシーポリシー | 会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合わせ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。