お腹とウエストのダイエット

「福辻式」オリエンタルダイエットDVD


※個人の感想と一例で、効果効能を保証したものではなく、効果には個人差があります。 
HOME > ダイエット総合情報 > 高カロリー・揚げ物の食べ方(調理法)

高カロリー・揚げ物の食べ方(調理法)

油の吸収率の高い食品、調理方であればあるほど摂取カロリー量も高くなります。揚げ物でもその種類によって油の吸収率がちがいますので、食べた後の油の摂取量も大きく違うということになります。ちなみに天ぷらは吸収率が高く、続いて、フライ、唐揚げ、素揚げの順に吸収率が低くなります。揚げ物の衣が厚ければ、それだけ衣に吸収される油の量が多くなり、吸収率が高くなるというわけです。天ぷら、フライなどを作る時には、なるべく衣を落として揚げた方が良いということになります。

 

揚げる時、その揚げ物を一口サイズに小さく切って一つずつ揚げるのではなく、塊で揚げてから切り分けます。油に触れる表面積が広ければ、それだけ油の吸収率は高くなります。また、短時間でカラッと揚げるのが良いです。その為には揚げる油の温度を高くして、短時間にさっと揚げます、油の温度が低いと揚げるのに時間がかかり、それだけ長い時間、油に食材を浸しておかなければならなくなり、それだけ油の吸収が多くなってしまいます。そして、揚げる素材にもダイエット中には注意が必要です。野菜の天ぷら等も美味しいのですが、ナスは油の吸収率がとても高いです。逆にジャガイモは吸収率が低いです。海苔やしその葉の天ぷらもおいしいですが、これらは表面積が広いのでその食材自体のカロリーは低くても、揚げると油をたくさん吸収してしまい高カロリーになってしまうので、ダイエット中には注意が必要です。

※こちらの記事の内容は、ダイエットに関する一般的な情報で「福辻式」オリエンタルダイエットの情報と異なる場合があります。



PageTop


あなたのダイエットの悩み 今すぐ無料でチェック!

おなかとウエストのダイエット「福辻式」オリエンタルダイエットDVD大幅割引 キャンペーン中

オリエンタルダイエット

ダイエットの悩みに回答

ダイエット役立つ情報

ダイエットその他の情報

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!




HOME | 自己紹介 | オリエンタルダイエット | よくある質問 | お客様の声 | お申し込み | プライバシーポリシー | 会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合わせ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。