ダイエット方法の最近のブログ記事

顔やせ体操(舌の運動)

舌を使って、すっきり小顔になる顔痩せ体操を試してみましょう。普段あまり使わない顔の筋肉を使い、小さい顔作る小顔体操は色々ありますが、舌を動かすことにより顔を引き締める方法もあります。舌は舌骨につながっていて、これは顎や首等など顔の周りの筋肉とつながっているため、舌を動かすことで、これら全てに連動して鍛えられるというわけです。

 

舌の運動を試してみましょう。まず、舌を前に伸ばして出します。舌先のみ自分でも見えるように前に真っ直ぐ伸ばし少し耐えます。この時、胸を張り両肩は下方向にまっ直ぐ下げる感じです。続いて舌を出して下に伸ばして顎につくように下げます。肩の状態は、胸を張り両肩は下方向にまっ直ぐ下げる感じです。その次は、舌を出して上に鼻を舐める感じでのばします。そしてしばらくそのまま耐えます。そして、次に左右それぞれに同じように伸ばして出します。最後にゆっくり円を描くように、右周り、左周りにそれぞれ回くらい回します

夜トマトダイエットの方法について

トマトというのは、美容効果が高いと言われている野菜ですが、そんなトマトを利用したダイエット方法があるのをご存知でしょうか。夜トマトダイエット方法というものであり、美肌を保ちつつ、ダイエットを成功させることが出来ると言われています。

夜トマトダイエットの方法ですが、1日に大きいトマトの場合は2個分摂取するようにするというものになります。また、トマトは夕食と一緒に摂取するのが良いと言われていますので、トマト缶を利用して、摂取しても良いと思います。トマト缶の場合には、1缶ほどは摂取した方が良いですから、料理として使うだけでなく、トマトジュースにしても良いでしょう。

夜トマトダイエットは、短期間で行うというよりも、長期間かけて行うダイエット方法になります。出来れば半年ほど続けた方が良いと言われていますので、根気よく続けることが大切です。夜トマトを摂取すれば良いというだけでなく、出来れば規則正しい生活をするように心がけましょう。ダイエットにとっても、健康にとっても、不規則な生活を送ることは悪影響となってしまいます。生活習慣も見直すことが、ダイエットに成功するコツだと言えるでしょう。

トマトは、様々なアレンジ方法がありますし、そのまま食べても美味しいものですから、長続きするダイエット方法なのではないでしょうか。美容面も気になる方は、夜トマトダイエットを実践してみてください。

黒豆ダイエットの効果について

黒豆ダイエット方法というものがありますが、黒豆ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか。

黒豆には、多くの成分が含まれています。豆ですから、イソフラボンも豊富に含まれていますが、イソフラボンというのは、女性ホルモンの働きと似ていて、更年期障害の対策としても役立つのです。肥満や血圧の改善にも繋がりますので、健康に悩みを抱えている方にもおすすめです。

また、食物繊維も豊富ですから、便秘の改善にも効果的ですし、自然と食欲を抑える効果もあります。アントシアニンという成分は、脂肪吸収を抑制する作用があり、活性酸素も除去してくれますから、老化予防にも繋がります。

このように、黒豆だけでも、多くの作用があることがお分かり頂けると思いますので、黒豆を利用して、健康的にダイエットしてみてはいかがでしょうか。

サプリメント利用でダイエット   

ダイエットに必要な栄養分が不足してると、痩せにくく、逆に太ってしまうこともあります。その場合には、サプリメントで足りていない部分を補ってもよいでしょう。最近のサプリメントは様々な種類があるので、各種の栄養分を含むサプリメントを上手に活用、併用して、よりダイエット効果を高めましょう。サプリメントを上手に使えばより効率よくダイエットすることができます。

サプリメントをダイエットに利用する場合には、必ず用法、用量を守り、自分の状態に適したものを使用します。体調が悪くなったりした場合には、直ぐに服用は止め、サプリメントの効能、成分、使用頻度などについての服用説明をよく読むことなど、服用するにあたっては、充分に注意をしましょう。最近は、ダイエットサプリメントの種類もかなり多くなっているので、表示されているサプリメントの成分、効能をよく確認して自身の摂取するカロリーを補う、ダイエット効果を高める服用をしましょう。間違ったサプリメントの服用は、かえって逆効果です。上手にサプリメントを利用し、上手にダイエットしましょう。

デトックスに効果のある食べ物には、食物繊維の豊富な根菜、肝臓の解毒効果がある緑黄色野菜、過剰な重金属成分を体の外に排出する働きのあるにんにく、にら、たまねぎ、リンゴなどがあります。緑黄色野菜はビタミンも豊富で、抗酸化作用もあります。これらの食品を摂取する時には、色々な種類の食材から全体的にバランスよく摂るようにします。集中的に一つの食品のみを摂ることはあまりよくありません。その他、無農薬野菜、無添加食品、食材の生産地などにも気を配りながら摂るようにしましょう。今日では、食の安全が保障されていません。自身で注意をして有害物質を摂らないように食事には充分を注意しましょう。

食材、食事内容に注意をしていれば、自然に便秘も解消されて体内の有害物も自然と排泄されます。便秘はダイエットには大敵です。1日1リットルくらいの水を飲み、尿と一緒に有害物を排出するようにしましょう。そして、適度な有酸素運動で代謝機能を高めます。ウォーキング、ジョギングなどです。身体の循環機能が高まり、デトックス効果も高まります。このように、身体に有害なものを溜め込まないように、身体を変えることもダイエットには大切な要素の一つです。

 

ダイエットをするために身体の中に溜まった有害物質を取り除く、デトックスを実践しましょう。デトックスの主なものには、汗をかくこと、デトックス効果のある食べ物を食べ、毒素を体内に取り込まないように食材に気を付ける、適度な運動をする、便秘にならないように気をつけることなどが上げられます。

適度な運動をすれば汗をかきます。運動以外で汗をかくことができるのは入浴、半身浴がよいです。サウナなどもありますが、自宅でできる入浴、特に半身浴は、全身浴とは違い心臓や肺にかかる負担が少なく、長時間お風呂に入っていられます。長時間かけて身体を温め、血行が良くなり、汗がたくさん出ます。これが大変にデトックス効果があるというわけです。さらにはダイエットにも大変効果的です。半身浴を毎晩続けることで、低体温や冷え性の改善にもつながります。それに運動を組み合わせることができれば、さらに代謝機能が高まり、太りにくい身体への改造へとつながります。汗をかく前には、トウガラシやショウガを摂取すると、より効果的に汗が出でます。

 

体内毒素を排出して健康にダイエット

有害物質が、日々の生活の中で知らないうちに体内に蓄積されていることが昨今では考えられます。身体の溜まった各種の有害物質は健康を害したり代謝機能を弱くして、太り身体にかえてしまいます。そこで、身体に溜まった有害物質を取り除き、痩せやすい身体に身体構造をかえてゆきましょうくり。身体の中の有害物を取り除く作業デトックスといいます。

デトックスは、浄化、「解毒」などという意味があり、体の中の過剰なヒ素、鉛、アルミニウムや、身体に有害なあらゆる毒素を体外に排出させる健康法のことをいいます。毒素が身体の中に溜まると倦怠感、肌荒れ、むくみ、冷え、便秘、肩こりなどになってしまいます。

デトックスをするには、発汗、食事療法、運動療法、便秘解消による規則正しい排便、多量の水を飲んで尿を出す、サプリメントを飲むなどの方法がありますが、これまた個人差があるので、それぞれの身体の状況、健康状態に即したデトックスを実行するのがよいです。いずれにしても、毒素を体外に排出すことは、ダイエットだけではなく、身体の健康にもよいので、是非でトックスを実践しましょう。

日々摂取しているカロリーがそれほど高くはなくても、その食べ方、体内への摂り込み方が悪いと太ってしまうことがあります。ダイエットをするには、悪い食べ方、食物の摂り方を矯正しないとスムーズに体重が減らないことがあります。その食べ方、体内への摂り込み方を変えるだけでも体重減るにつながる場合があるのです。

長時間空腹状態になるのはやめて、1日3食を決まった時間、決まった間隔で食べましょう。夜は脂肪をためやすい状態になっているので、夕食を夜遅い時間に摂ることはやめましょう。ゆっくりと味わいながら食事を摂り、満腹感を得るようにしましょう。何回も噛んむようにしましょう。早食いはやめましょう。急いで食べると、脳が満腹を感じる前に食べ過ぎてしまい、気付いたらお腹がいっぱいで苦しいという状態になってしまします。食事はゆっくりと、よく噛んで摂りましょう。しかし、ゆっくり食べることはよいことですが、テレビなどを見ながら、だらだらとした、ながら食べはよくありません。この場合は、無意識のうちに食べ続けている状態で、かなりの分量を食べていても自分で気が付かない場合が多く、結果として食べ過ぎてしまうのです。

 

黒豆ダイエットの方法について

黒豆ダイエットというダイエット方法は、テレビでも紹介されたことで人気が高まっていますので、ご存知の方も多い事でしょう。黒豆ダイエットの方法ですが、乾燥した黒豆を70g毎日食べるというものになります。

乾燥した状態の黒豆を、水に一晩浸すと、黒豆がふやけますので、それを15分間ほど蒸せば出来上がりです。後は、できた黒豆をアレンジして、毎日いろんな料理を作ると、飽きずにダイエット出来るのではないでしょうか。

黒豆は、どういった摂取方法でも構いません。たとえば、サラダに入れても良いですし、スープにしても良いですね。野菜炒めの中に入れたり、たこ焼きやお好み焼きの中に入れても良いと思います。意外と、様々な食べ物と合いますので、ダイエットも続けやすいと思います。

黒豆は健康にも良いと言われていますので、ダイエット効果だけでなく、健康効果も実感できるのではないでしょうか。

意識的に体重増加をはからなければならない相撲の力士は、一回あたりの食事の量を増やすということをしますが、その前に一日の食事の回数を減らしています。食事と食事の時間の間隔を大きく開けることにより、その中間では一時的な飢餓状態になります。その状態により、次の食事の時に栄養吸収率が上がるため、一日の総摂取カロリー数が同じであっても、吸収率が高いために体重の増加につながりやすいと考えています。一回の摂取量を増加させれば、体重の増加に働くということです。そこから推測すると、その逆の行為をすれば、体重の減少につながるともいえます。

消化器官の手術の後などには、一度に処理できる食物の量が少なく限定される場合が多く、その結果一回の食事での摂取量は減少してしまいます。そのため、一日の必要カロリー量を維持するためには、食事の回数を増加させなければならなりません。このことは、一回あたりの食事量を増やして、一日の食事回数を減らすこととは、真逆の行為であり、太りにくい体質へと改善する方法の一つと見られています。一日の食事回数により体質を改善し、ダイエットへとつなげてゆくことも出来るのです。これは、体質改善というよりも生活習慣の改善ともいえるかもしれません。体質改善が出来れば、その後の体重の減少は加速してゆくと思われます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちダイエット方法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはダイエット器具です。

次のカテゴリはダイエット総合情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。