お腹とウエストのダイエットに!「福辻式」オリエンタルダイエットDVD

「福辻式」オリエンタルダイエットDVD


※個人の感想と一例で、効果効能を保証したものではなく、効果には個人差があります。 
HOME > 停滞期がやってきた

体重が減らない、停滞期

「なかなか体重が減らない」「停滞期だ」とダイエットでよく言われていますが、あなたが言う「体重が減らない」とはどういうことでしょうか。

「一か月に1キロ位しか減らない」「2~3か月ダイエットしても1キロも減らない」前者と後者では大きな違いがあります。前者は特に問題はありません。むしろ1キロしか体重が減らないと思っていること自体が問題です。人間の体は防衛反応で、急激な変化に体を守ろうと働きます。

「停滞期」で、一時的に体重減少が止まるのは、人間の防衛反応で、誰も起こることです。停滞期を乗り越えるには「停滞期はそういうものだ」と割り切ることです。なかなか停滞期が抜けだせなかったとしても、心配はありません。今の体重に慣れてくれば、防衛反応も落ち着き、再び体重が落ち始めるでしょう。急激に体重を落とそうとするとリバウンドの危険性が高まります。


停滞期はそういうもの!受け入れることが大切!

「2~3か月ダイエットをやっているのに体重が全く減らない」方は、さすがに問題です。今実践しているダイエットが本当に正しいものか、あなたに合っているものか、正しくて合っているなら、正しく実践できているか、再度チェックすることをおすすめします。また、そもそものダイエットの方法を変えるのも有効な手段です。

よくダイエットの広告で、目を疑うような大幅な体重減少を売りにしたものがありますが、仮にそれが事実と言う前提ならば(実際は殆どがねつ造やウソのようですが)急激に体重を落とした人は、その後きちんと維持できたのでしょうか。また、そのダイエットは意思が特別強くない、一般の人でもしっかりと同じような結果が出るのでしょうか。私は疑問です。

体重の減少は、元々の体重にもよりますが、一か月に1~2キロ程度、多くても3キロ弱が最も理想的です。これ以上多く落とそうとするとかなり体に無理をしなければいけません。例えば激しい運動を毎日実践したり、食事の量を極端に減らしたりです。食事の量を減らすとリバウンドの危険性が高くなります。一気に落とそうとせず、無理をしてはいけません。1~2キロずつ確実に落としていった方が、リバウンドの危険性もなく確実です。

私が開発したダイエットは、急激に無理をして体重を落とすことは目指していません。あくまで、自然に無理なく体重がいつの間にか落ちていく、を目指しています。



PageTop




HOME | 自己紹介 | オリエンタルダイエット | よくある質問 | お客様の声 | お申し込み | プライバシーポリシー | 会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合わせ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。